2020年3月19日更新

ようこそお越しくださいました。山登り岩登りの記事を中心としたささやかなサイトです。(^^;

標題をクリックして頂くと更新履歴に跳びます。

なお、断るまでもないことですが、リンクはご自由になさって下さい。


サイト内検索

AND OR


最新記事→八ヶ岳・西岳登山入笠山登山7/12


身辺雑記(最新)これまでの身辺雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2020/3/19

晴れ。

気温は高くなっているが、風が強く吹いている。

お彼岸の入りを過ぎ、昼夜の長さが逆転した。

これからは陽が長くなり、気持ちも晴れてきそうな気がする。

新型コロナウィルス騒ぎの煽りを受けた金融市場の混乱は一向に収まる気配を見せない。ニューヨークダウは2万ドルを割り込み、日経平均も1万7千円を割り込んだ。

どちらも年明けの価格は実態よりも相当高くなっていたという印象が強く、何らかのきっかけで調整局面が訪れるのではないかと思っていたのだが、さすがにここまで下がるのは異常だろう。

素人目から見ても投資家は狼狽しているとしか思えない。

暴落しているのは株式だけではなく、安全資産といわれた金にも及んでいるという。

その一方でドルは買われているそうなので、つまり投資家は現金の確保に走っているということか。

街のドラッグストアでは、開店前から行列ができている。

マスクや消毒液を買い求める人たちだという。

資本市場を形成している金融資産は、様々なものに形を変えることによって社会の中で生かされてきた。

それを仲介していた市場関係者や投資家が正気を失い、現金や現物確保に走っているのかもしれない。

これでは金融市場の落ち着きなど期待できなかろう。

どうにも救いのない話だ。

ところで、東京オリンピック。

アベ首相ら関係者は、いまだに開催をあきらめていない。

いったいどういう神経なのだろう。

オリンピック代表選考会が各地で中止や無期限の延期となっている中でオリンピックを強行するということは、少なくともアスリートのことなど全く考えていないということになる。

誰のためのオリンピックなのか、東京オリンピック招致が決まってから、私はずっと疑問を感じてきたが、どうやらその答えが端無くも明らかになってきたようだ。

オリンピックの中止や延期をしてしまえば計り知れない経済的な損失が発生するという。しかし、強行した場合の損失の方がはるかにそれを上回ることだろう。

しかもそれは一過性のものではなく、パンデミックという異常事態の中にもかかわらず経済的な観点のみでオリンピックを強行した銭ゲバの日本、という、拭いがたい汚名がついて回ることになるのではないか。





address