2017年5月23日更新

ようこそお越しくださいました。山登り岩登りの記事を中心としたささやかなサイトです。(^^;

標題をクリックして頂くと更新履歴に跳びます。

なお、断るまでもないことですが、リンクはご自由になさって下さい。


サイト内検索

AND OR


最新記事→八ヶ岳・西岳登山入笠山登山7/12


身辺雑記(最新)これまでの身辺雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2017/5/23

晴れ。

土曜日から気温が急激に上昇し、30度近い状況が続いた。

明日からは気温も下がり、今週末に向けてこの時期の気温に落ち着くというが、急激な暑さは熱中症の引き金になるので注意が必要だ。

アベ首相が改憲日程を具体的に出して来たり、共謀罪可決が目睫に迫ってきたり、トランプ弾劾の話が現実味を帯びたり、北朝鮮がICBMを発射したりと、世の中は相も変わらずきな臭い状況となっているが、そんな中で、ちょっと心のなごむ話題が載っていた。

乙葉、家事あまりしない夫・藤井隆に不満まったくない理由

その理由とは以下のものだという。

「そもそも私が、家庭優先で仕事をするスタイルを望んでいたというのもありますが、不満がないのは、私が何かするたびに夫が必ず"ありがとう"と声をかけてくれるから。"やってもらって当然"という態度なら続かなかったかも。特に苦労した家事は、"見て、こんなにきれいになったんだよ!"などと報告して、一緒に喜んだり褒めてもらったりしていますね」

家庭生活は、その生活を維持していくために必要なことを家族それぞれが担当し協力し、してもらったことに対して感謝する、というところから始まる、と私は思っている。

藤井隆・乙葉夫妻にとって、それがある意味理想的な形で回っているということなのだろうが、この記事を読んで私が真っ先に感じたことは、藤井隆氏が、料理を含めて家事全般をきちんとこなせる人間であることがキモなのだということ。

あの、潔癖症で有名な今田耕司氏から「家政婦みたい」といわれるほど藤井氏はきれい好きできちんとしているとのこと。

そういう人だからこそ、家事をそつなくこなすのがどれほど大変なことか身にしみてわかっているのだろう。

だからお礼の言葉も素直に心から出てくるのだと思う。

さらに、いざとなれば奥さんに代わっていつでも家事を担当できる。

こうした関係ゆえに、通常の生活の中では家事全般を奥さんがこなす状況になっていても文句は出ない、ということではないのか。

私自身、こんな記事を書いていることもあるが、仕事をしている身にとって家事はやはり負担なのであり、できればサボりたいと考えてしまうのは男女の別なく当たり前のことだと思っている。

そんな面倒な仕事であるから、やってもらってありがたい、という気持ちに心底なれるのではないか。

私の知人には、家事が全くできずそれが男として当たり前の姿とうそぶいている人間もいる。

彼にとって、家事がどれほど大変な労力を要するものであるのか全く想像の範疇にすらないのだろう。

だからもちろん礼などいうはずもない(奥さんもすっかり諦めている風情だった)。

同じように奥さんが家事全般を担当しているといっても、彼我においては全く事情が異なる。

旦那は推して心すべきかもしれない。





address