2019年6月11日更新

ようこそお越しくださいました。山登り岩登りの記事を中心としたささやかなサイトです。(^^;

標題をクリックして頂くと更新履歴に跳びます。

なお、断るまでもないことですが、リンクはご自由になさって下さい。


サイト内検索

AND OR


最新記事→八ヶ岳・西岳登山入笠山登山7/12


身辺雑記(最新)これまでの身辺雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2019/6/11

曇り時々晴れ後に雨。

梅雨の季節らしいお天気が続いている。

この間まで7月並みの気温となっていたのが、ここにきて4月くらいのレベルに下がっている。

半袖のワイシャツになってクールビズ対応、だったのだが、今週に入ってから長袖のシャツに上着。

年寄りにはこの気温差、さすがに応える。

嫌な奴だと思っていたけれども、やっぱりなという記事。

松本人志、『ワイドナ』で不良品発言問題に触れず批判続出…「社会問題語るべきじゃない」

これまでもさんざん問題発言を繰り返してきており、テレビなどはどうしてこういう輩を「コメンテーター」に起用するのか全く理解できなかった。

差別的で過激な発言がネットなどでもウケている、という判断で、つまりは視聴率とかにつながると踏んでのことだろう。

2日放送のテレビ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)内で、先月起きた神奈川・川崎の通り魔事件が報じるなかで、松本人志が「人間が生まれてくるなかで、どうしても不良品って何万個に1個、絶対に」「もう、その人たち同士でやりあってほしいですけどね」などと語り物議を醸している件について、7日のフジテレビ定例会見で石原隆取締役(編成担当)は「批判が出ていることは認識している」と言及。「我々としては差別的な意味合いは含まれていないという判断で放送したが、そういった意図はなくても、そう受け取られる可能性があるということを受け止めて、今後の番組づくりに生かしていきたい」と釈明した。

つまりあれだ、松本氏は「自分は不良品ではない」という自覚に基づいて、そうした神様みたいな視点から「その人たち」を見下し「不良品」同士を集めて隔離しろ、と申し述べているわけだな。

すげえ上から目線!

というよりも、この世の中にいわゆる完全無欠の人間が存在すると考えていることの方が、私には異常な感覚だと思う。

私は今までにそんな人間に出会ったことはないし、尊敬する先人や偉人などの中にも、全く非の打ちどころのない人間なんていなかったと考えるのだか如何。

カトリックの教義に云う「無原罪」はもしかするとそれにあたるのかもしれないが、キリスト教の中でも異論百出なのは周知のとおりだ。

まして我々凡夫おいてをや。

ところで、この松本氏の発言に対して様々な批判の声が寄せられたそうだが、本人はそれに対して同番組内では完全にスルーしたのだそうだ。

で、自身のTwitterでは「凶悪犯罪者は人として不良品。ひきこもりが不良品?誰の意見?」と書き込み、不良品というのはあくまでも凶悪犯罪者のことだと弁解がましいことを書いているが、「人間が生まれてくるなかでどうしても不良品っていうのは何万個に一個」というような、不良品として扱うべき人間がいる、それも生まれたときから、などとする発言に対する弁明とはとても云い難いだろう。

問題なのは、こうした松本氏の発言に賛同する声も少なからずあることだ。

このワイドナショーでも、堀氏や古市氏などはその発言を受けて予防拘禁の必要性まで踏み込んだ発言をしている。

いずれも、こうした犯罪を犯したりその温床となる可能性の高い引きこもりに対する社会全体としての問題意識や取り組みという視点が完全に欠落している。

先日、熊沢元農水次官が自分の息子を包丁でめった刺しにして殺害した事件があったが、世間では父親に対する同情や裁判での温情判決を願うなどという意見が多く出ている。

登戸駅での事件のようなことが起きたら他人に迷惑がかかるとする父親の切羽詰まった想いというものもあろうが、私はどうも同情する気にはなれない。

自分の息子が悲惨な罪を犯したら世間に顔向けできないから始末した、というのであれば、結局、彼は息子のことを自分の所有物、つまり息子も一人の人間であるという意識が抜け落ちているのではないか。

しかも、息子をそのような境遇に追い込んだ原因のかなり部分は、親たる自分たちにあるのにもかかわらず、である。

どのような経緯で息子が引きこもりになり家庭内暴力を振るうようになったのか事情はわからないが、中学生の時から家庭内暴力が始まったとすれば、あまりに根が深い。

彼のSNSなどの発言をみると父親を自慢していたことが見受けられ、次のような記事を読むと違った面も見えてくる。

元次官に殺害された息子が女性に伝えた「大切な人」の存在

真偽のほどはわからないが、彼はアスペルガー症候群であったようで、にもかかわらず、母親からの強烈な「勉強しろ」プレッシャーを浴び続け駒場東邦に進み、壮絶ないじめにあったらしい。

SNSによれば、それによって総合失調症を引き起こしたとのこと。

つまり、彼は母親によって壊されたと思っていた、というのである。

繰り返すが、事実がどうであったかは全くわからない。

しかし、熊沢容疑者が息子を殺した事件の中から、私は冒頭で引いた松本氏の「不良品」発言が響いてきてしまい、どうにもやりきれない気持ちを抑えることができないでいる。

身辺雑記「綾に哀しき」2019/6/3

晴れ。

6月になった。

西日本では梅雨入りとなっているようで、関東地方もほどなく梅雨の季節を迎えることになるだろう。

冬物や合着のスーツをクリーニングに出し終え、夏のスーツと入れ替えた。

クールビズが浸透している中で、スーツを着る局面は相当に少なくなってきているが、それでも衣替えは一つの儀式かもしれない。

セーターやダウンジャケットなどもしまい込み、ポロシャツなどを出す。

昨年までは連れ合いがそのほとんどをやってくれていたのだなと思うと、今更ながらに寂莫とした思いに駆られる。もちろん感謝の念も含めてなのであるが。

登戸駅での無差別殺傷事件の記憶も冷めやらぬうちに、元農林水産省事務次官が息子を刺殺したというニュースが流れた。

「長男、危害加えるかも」=小学校めぐり騒音トラブル−元農水次官、川崎事件念頭に

この父親の言葉にもある通り、この二つの事件はある意味通底する要素を持っているように思う。

岩崎隆一氏は51歳。熊沢英一郎氏は44歳。

いずれも社会に出る年齢の頃は、バブルの崩壊とそれに続く就職氷河期の到来に当たり、新卒採用見合わせはもちろん大規模なリストラの嵐が吹き荒れていた。

正規の就職から零れ落ちた人たちがフリーターやニートとなり、将来の夢を描くこともできずに生きる希望や意欲を失っていく。

岩崎家は古くから続く名家だったというし、一方の熊沢氏は農水事務次官。

そのような環境の中にあって、彼らは自己肯定感を満たされることなく、深い挫折感に苛まれつつ月日を無意味に費消していた、ということなのだろうか。

いずれも、自分をそのような境遇に追い込んだ社会を憎悪していたことであろうし、一方で生きることに絶望もしていた。

自分を養ってくれている人たちが年老いて、やがてはその境遇も終末を迎えることになるわけで、岩崎隆一氏は耐えきれずに拡大自殺を図り、熊沢英一郎氏もそうなる蓋然性が高くなる虞があり(英一郎氏は自宅で引きこもってネットアクセスに熱中していたそうだから登戸駅の事件も当然知っていたことだろう)結局父親の手で始末されてしまった。

近頃になって8050問題がクローズアップされてきているが、すでに10年以上前からその深刻さは認識されていた。

8050問題の対象家庭は相当数に上っているものとみられ、実際、私の先輩でもそのことで深刻な悩みを抱えている方もいる。

私が仕事上の付き合いで親交のあるこの世代の人間は、いずれも相当に優秀で前向きなバイタリティーを有しているが、考えてみれば、あの厳しい時代を乗り越えてきた人間だから、ということもできよう。

そして、そういうふうに表舞台に出てくることのできなかった人間もまた、相当数に上ると思われるのである。

既に深刻な社会問題となっている。

年齢的に難しい世代だとは思われるが、彼らを救済する手立てを社会全体で考察していかなければならないのではないか。

引きこもり男、仕事促した母の頭殴る…妹を刺す

この事件も典型的なものと思う。

引きこもっている当事者の絶望感と怒りの深さに戦慄を禁じ得ない。

政府は、いわゆる「骨太の方針」で次のような対策を講ずる考えだという。

政府、就職氷河期世代 3年で30万人を正規雇用へ 「骨太」で数値目標明記へ

どうも「絵に描いた餅」という印象をぬぐえない。

フリーターやニートや引きこもりで40代や50代を迎えている人たちは、恐らく思考的にも習慣的にもそうした環境に固まってしまっているのではないか。

それを、

具体策としては「教育訓練から就職までの切れ目ない支援」を掲げ、ハローワークでの専門窓口設置や、短期間で資格を取得できるプログラムの創設を提示。都道府県に官民の連携強化を促す仕組みを整えたり、企業への助成金を増やしたりして、正社員化や処遇改善、社会参加の実現を目指すとした。

などという曖昧かつ実現性に疑問が残るようなメニューを提示して、効果が期待できると本気で考えているのか。

いったい誰が、そうした現状にある人たちをハローワークに誘ったり資格取得を慫慂するというのか。本人の自覚や自助努力に頼る、というのだとすれば、昨今猖獗を極めている「自己責任」というワードに行きつかざるを得ず、「環境は整えたんだからな」という言い訳を前面に押し出しているような気さえする。

しかも、三年間という期限付き。

そんなに短期間でできるはずもなく、結局は参院選のための点数稼ぎなんだろうなと邪推もしたくなる。

人は、放っておくと大脳辺縁の報酬系回路によって簡単に手に入る快楽走り、前頭前野の理性をつかさどる機能よりも優先させてしまうそうだ。

困難なことではあろうが、これまで辿ってきた自分の足跡を冷徹に見つめ、導き出される将来の姿を具体的に考察するようにするしか、隘路から抜け出す道はない。

怠け者ということでは人語に落ちない私自身の、これは切実な想いでもある。





address