2019年12月5日更新

ようこそお越しくださいました。山登り岩登りの記事を中心としたささやかなサイトです。(^^;

標題をクリックして頂くと更新履歴に跳びます。

なお、断るまでもないことですが、リンクはご自由になさって下さい。


サイト内検索

AND OR


最新記事→八ヶ岳・西岳登山入笠山登山7/12


身辺雑記(最新)これまでの身辺雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2019/12/5

晴れ。

このところお天気が安定している。

そろそろ冬型の気圧配置となるのだろうか。

ところで、ちょっと考えさせられる記事があった。

「あの事件でスピルバーグは過去の遺物になった」押井守監督が感じた"ハリウッドの破壊者"の限界

若いころの私はかなりの映画好きで、年間で100本近く観ていた時もあった。もちろん映画館でである。

時間を自在に演出できる、という観点から、ある意味、音楽との共通点をみていたからかもしれない。

人間のみならず、この世の中の存在というものは、すべて時間の支配下におかれている。

時間は過去から未来にしか流れず、私の意識からすれば、自分の存在はすべて過去の集積なのであり、そこには未来もなく現在すらもない。

自分の未来の姿で確定しているのは、命の尽きるとき、つまり存在が無になることだけなのである。

時間という強大な力に抗うことは、肉体としての人間には不可能なことだ。

しかし、芸術、とりわけ音楽や映画は、少なくとも観念的なところでは時間の支配から自由になることができるのではないか。

わずか1秒のできごとでも、映像ではいくらでも長く引き伸ばして表現し演出することができる。

あるいは、何百年・何千年という隔たりも、映像においてはわずか一瞬に縮めてしまうこともできる。

映画を観ることの愉悦は、(他人はいざ知らず)私にとって、そうした時間の支配から解き放たれることにあった。

同じような作劇ものであっても、私は演劇などはどうも苦手だ。

いくら舞台の上で役者や演出家が時間の支配から脱しようと思っても、そこで演じている人たちと観客との間に流れている時間は同等なものであるのだから。

もちろん、これは私の観劇の仕方に問題あることは論を俟たない。

だが、好みというものは所詮そんなものなのだろう。

そんな私ではあったが、近頃はめっきり映画館に足を運ばなくなった。

理由は簡単で、観たいなと思う映画がないからなのである。

ただ、その監督の中に、観客を呼べる者がいるかというと、ほとんどいない。これは実写の世界でも同じことが言える。日本の場合、重要なのは、まず人気のマンガやベストセラー小説の確保、イケメンなどのキャスト、そして最後に監督という順番。ハリウッドでは、まだ「ジェームズ・キャメロン最新作」というふうに監督がウリになる場合があるけど、日本ではまずないし、そういう監督もほぼいない。アニメの場合は、ウリは声優で監督は次の次。監督の名前で映画やアニメを観る時代は終わってしまったんだと思う。映画監督という専門性の根拠がなくなったのが、今の日本。アニメも同じ状況だね。

これは全く仰る通りと思う。

こういう2019年の現状から2020年のアニメや映画の業界を考えると、映画である根拠が失われてしまうのではないかと思う。映画の表現の底が抜けてしまって、地盤沈下どころか地盤崩壊が起きるかもしれない。決していい方向には向かわないだろう……というのが私の予想。

この押井監督の危惧についても同感である。

漫画やテレビドラマなどのコンテンツの安っぽい移し替えで観客を動員しようという映画興行主の浅ましさが、恐らく現在の映画の(映像表現芸術としての)生命を奪ってしまったのだろう。

観終わった後に深く考えさせられ、それを誰かに話して共有したくなる(あるいは議論したくなる)映画は、もう望むべくもないのか。





address