2017年4月18日更新

ようこそお越しくださいました。山登り岩登りの記事を中心としたささやかなサイトです。(^^;

標題をクリックして頂くと更新履歴に跳びます。

なお、断るまでもないことですが、リンクはご自由になさって下さい。


サイト内検索

AND OR


最新記事→八ヶ岳・西岳登山入笠山登山7/12


身辺雑記(最新)これまでの身辺雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2017/4/18

暴風後晴れ。

時ならぬ春の嵐で交通機関は大混乱となり、首都圏では通勤・通学の時間帯にリンクしたから、朝からひどい目に遭った。

それでもギリギリ遅刻は免れたが、私の使っている田園都市線は特にひどい状況となる。

他の私鉄各線はそれほどの影響はなかったようだが、田園都市線と大井町線は大幅な遅延となり、これはやはり通っている場所の問題だといわざるを得ないだろう。

「強風の影響で遅れた」などと車内アナウンスはなされていたが、確かにそれが一つの原因であることは否定しないものの、運行に関してはたいして条件が違うとも思われない東横線は通常運転だったようだから、結局、一つの遅れが次々に遅延を誘発し拡大するという、いわば高速道路の渋滞みたいなものを、田園都市線は誘発しやすいかもしれない。

埼玉県や栃木県と神奈川県を直通で結び、その中間に渋谷・永田町(赤坂)・大手町などという都心の中心街が位置しているのだから、人が押し寄せない方が不思議なくらいだ。

一極集中のミニチュア版がここに展開されているわけで、当分解決の見込みはないと思われる。こういう通勤形態やライフスタイルを見直して、自分から抜け出すしか方法はないのだろうな。

ところで、気になる記事があった。

呑んべぇ天国の日本で飲み放題禁止、酒類広告規制の動きも

タバコ規制と並んでアルコール規制は世界的な流れ。喫煙禁止の動きが急速に強まったのは、2003年のWHO(国際保健機関)総会で採択された「たばこ規制枠組条約」がきっかけだったが、アルコールについてもWHOは「世界で毎年約330万人が死亡している」として2010年に「アルコールの有害な使用を減らすための世界戦略」を採択した。

その中で各国が取り組む酒害対策の例として「酒の安売り禁止」「飲食店での飲み放題禁止」「酒類の広告規制」などをあげ、酒の値段の引き上げ(酒税の税率アップ)、公共の場所での販売規制などが推奨されている。

これに厚労省が呼応して、「アルコール健康障害対策推進室」という部署を新設し、国際的に広がるアルコール規制を日本でも推進するつもりらしい。

まあ、確かに酒の害毒は枚挙の暇もないし、依存症は精神障碍のほか肝臓などの内臓系に深刻なダメージを与える。

私にも、酒が原因で肝臓を壊し結局多臓器不全で亡くなった親族がいて、その怖さは身に染みてわかっているつもりだ。

この記事にあるように、厚労省はたばこの場合と同じ感じの規制を目指しているのだろう。

国民の健康を与る厚労省としては無理もない施策だろうし、世界的な潮流となればそれに抗うこともなかなかできまい。ましてや「東京オリンピック」などという「お祭り」があればなおさらだ。

左党からは「酒の効用」みたいなものを旗印に反対の声が上がるかもしれないし、専売であるタバコなどとは比べ物にならないほど酒の醸造や販売・流通にかかわる企業の数は多くかつ相当の影響力もあろうから、アルコール規制そのものがそう簡単に進むとは思えないが、「飲み放題禁止」「安売り禁止」はこうした企業にとっても(もしかすると)有難いことかもしれず、そうした点に絞って部分的に進んでいく可能性もあるだろう。

私自身が酒飲みなので認識そのものに端からバイアスがかかってしまうのであるが、酒には、ストレスを解消したり、緊張感をほぐしたり、コミュニケーションを潤滑にしたり、料理の味を引き出したり、血液の循環を良くして体を温めたりと、それこそ様々な効能はあるのではないかと考える。

医者も「少量の酒はむしろ健康に良い」という認識だし、泉重千代さん(古いなあ)たちのような健康・長寿で天命を全うした方々のほとんどは適量の晩酌をしていたそうで、これがいわゆる「酒は百薬の長」といわれる所以なのだろう。

しかし、「酒は百薬の長とはいへども万の病は酒より起これり」という俚諺もあるように、これはあくまでも「少量の」というエクスキューズがつくのである。

みんなが少量の酒で満足していたら、世の中に酔っぱらいやアル中なんて出てこないよね。

ただ、何というか、共謀罪もそうだけれども、例の「東京オリンピック」を錦の御旗にして、いやらしい規制や法案が次々と出されてくるような感じがして、その点が実に気にかかる。

同じく依存症の虞が強いはずなのに、カジノ法みたいな胡散臭い法案は通し、パチンコなどのギャンブルを規制する話は出てこない。

どうも政府のやり口というものは、我々のような市井の凡人には計り知れない深謀遠慮があるのだろうね。

そういえば、例の共謀罪。

森林に入ってキノコを採ることも引っかかるのだそうだ。

全く訳が分からない。

連中はどういう頭の構造をしているのだろうか。





address