2022年11月28日更新

ようこそお越しくださいました。山登り岩登りの記事を中心としたささやかなサイトです。(^^;

標題をクリックして頂くと更新履歴に跳びます。

なお、断るまでもないことですが、リンクはご自由になさって下さい。


サイト内検索

AND OR


最新記事→八ヶ岳・西岳登山入笠山登山7/12


身辺雑記(最新)これまでの身辺雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2022/11/28

曇り。

11月も終盤となり、変にあたたかな日も多かったものの、冬の足音は着実に響きつつある。

天気予報では、12月の声を聴くころから冬本番の寒気が到来するとのこと。気を付けたいものだ。

こんな記事を見つけ、うーむと考え込んでしまった。

「日本人の8割がTwitterの短文すら理解できない?」…急増する"バカ"の正体

非常に示唆に富んだ内容で、納得するとともに将来へのそこはかとない不安が頭をよぎる。

SNS上などでしばしば繰り返される「炎上」などに接すると(とはいえ私はほとんどそうした書き込みの本体を読まないのであるが)、どうしてこんなにも常識的な考え方のできない人が増えたのだろう、などと思ってしまう。

戦後日本は、悲惨な戦争への反省から、2度と「バカなこと」を繰り返さないために、教養を涵養かんようすることが大切だとされてきました。教養主義を象徴したのが朝日新聞や岩波書店の文化人たちで、東大・京大などの高偏差値大学出身の彼ら(ほとんどが男)が、政治家、官僚、大学教授などのエリートになって、社会の上層部を形成してきました。

全国紙や論壇誌、教養番組などのハイカルチャーに登場するのも、こうした教養人ばかりで、いわば「上級国民」です。それに対して「下級国民」である大衆は、自分たちの意見をメディアで発信することなどできず、スポーツ新聞や週刊誌、テレビのお笑い番組などを楽しんでいればいいとされてきました。

この見解は、私たちの世代にとってある意味首肯せざるを得ないものなのであろう。

事実、私が20〜30歳代だった1980年代前後のころ、世の中に巻き起こる様々な事象、社会・政治問題はもちろん芸術や文学・一般教養的な事柄などをより深く理解しようとして、新聞はもちろん「世界」のような月刊誌とか芸術選書類、果ては岩波新書や中公新書みたいな新書類も読み漁ったものである。

もちろん、小説やルポルタージュも手あたり次第手にして、自分の知識や教養の空白部分を埋めるべく躍起になっていた。

月刊誌や新聞などへの己の投稿が採用されたりすると、それだけで自己肯定感が涵養され悦に入ったりもした。

それがネットの急激な拡充によって、誰しもが自分の意見などをたやすく公開できるようになってから様相は大きく変わる。

今では、日本国の首相よりもインフルエンサーのほうが大きな影響力を持つようになりました。そればかりか、非エリートが、「対等な立場」でエリート(専門家)を批判することも当たり前になった。新型コロナワクチンについて、免疫学の専門家に対して、匿名のアカウントから「ウソをつくな」などの罵詈雑言が飛んでくるというのが象徴的な事例です。

こうして、エリートと非エリートの区別がなくなり、教養主義は崩壊しました。SNS時代には、誰もが主観的には「知的」なのです。

それでも2000年当初くらいまでは、独自のサイトを立ち上げてコンテンツを発信するためには最低限のHTMLテキストを書くくらいの知識と技術は必要だったし、2ちゃんねるのような掲示板に書いている人たちもある意味では限られた層であったことから、大多数の人たちはやはり新聞や書籍などから必要な知識や情報を得ていたのではないか(テレビやラジオも含まれる)。

それが、ブログやTwitterなど、特別な技術もなしに思い思いの言葉を活字化して発信できるツールが発達したことで、いきなりそのハードルが下がってしまった。

ネットを介した情報などが玉石混淆であることはwin95のころから言われてきたことであるが、現在は「玉」を探すこと自体がかなり難しい。

しかも、「確証バイアス」というやっかいなものもある。

新聞とか総合雑誌などを読むと、自分とは異なる見解に接することもかなりあり、反発を覚えつつも、己と異なる思想や考え方が存在することを実感する。

それを踏まえて己の考え方や思想を振り返ることができるわけであり、ある程度の思想上の平衡感覚を養うことができた。

googleなどの検索エンジンを使っていると、自分の好みを反映した検索結果に導かれやすくなり、また、知らず知らずのうちにバイアスのかかった検索を実行してしまうことになってしまう。

そのような状況に陥ると、自分と異なる意見に対する許容度が極端に落ちていき、結果としてSNSなどの書き込みに過剰に反応することになるのではないか。

自己顕示欲や自意識過剰の成れの果てのような気もするが、誤った方向での自己肯定感の高揚も底にあるのかもしれない。

私は論語の衛霊公第十五(397)に感じ入っている。

子曰君子病無能焉不病人之不己知也

子曰く。君子、能くする無きを病(うれ)えん。人の己を知らざるを病(うれ)えざるなり。

君子は、自分の能力が劣っていることを苦にするが、人が自分を知ってくれないことを苦にしたりはしない。

改めてこのことの意味を考えてみたいと思っている。





address