2022年8月3日更新

ようこそお越しくださいました。山登り岩登りの記事を中心としたささやかなサイトです。(^^;

標題をクリックして頂くと更新履歴に跳びます。

なお、断るまでもないことですが、リンクはご自由になさって下さい。


サイト内検索

AND OR


最新記事→八ヶ岳・西岳登山入笠山登山7/12


身辺雑記(最新)これまでの身辺雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2022/8/3

晴れ。

連日猛暑が続いている。

前線が停滞している東北地方などは、それに加えて線状降水帯による豪雨被害が出ていて、第7波の感染拡大に入ったCOVID19も絡み、日本列島は危機的状況に陥っているのではないかと、否が応でも不安感が高まって来る。

電気料金の値上げがただならぬレベルにまで達していることから、なるべく消費電力量を抑えようとエアコンの使用を我慢してきたところであるが、さすがに今週は耐えられず、連日エアコンのお世話になっている始末だ。

安倍元総理の銃撃事件に端を発した旧統一教会と政治家とのずぶずぶの関係。

自民党などはさぞかし嫌な思いをしているだろうが報道などは一向に収まる気配を見せない。

地獄の釜の蓋が開く、という言葉があるが正にそれを地でいっているというような感がある。

事件が起きた当初は、県警などが「特定の宗教」などと発表していたこともあり、(本当はわかっていたはずなのにもかかわらず)テレビも新聞もその扱いを踏襲していた。

しかし、週刊誌などは当初から明らかにしていたので、ネットではそれが旧統一教会であること自体、事件当日から広まっていた。

旧統一教会と自民党との関係に忖度したのか、県警の発表も腰の引けたものだったが、主要マスコミがそれに追随したことは実に情けない。

しかも、それが世論などによって解禁されると、今度は視聴率が取れると踏んで連日の関連報道。

庶民の間にマスコミに対する不信感が広がって久しいが、ここまであさましいとさすがに笑ってしまうな。

それにしても、以前から首相や主要閣僚・議員がずぶずぶの関係にあった自民党は言うに及ばず、立憲民主党の一部や日本維新の会の結構な数の議員などまでもが鼻薬をかがされていたとは情けない限りだ。

こうした連中が子供じみた言い訳に終始しているさまは、日本の政治の貧困を目の当たりに見せつけられた感がある。

今回つくづく思ったのだが、国会に限らず、いわゆる選挙運動とは立候補者による壮大なる就職活動なのだろう。

そう思えば、連中が出来もしない大ぼらを口から出まかせに吹きまくっていることもわかるような気がする。

採用担当の面接官を前にして必死な自己アピールに血道をあげる求職者と、そのあたりは軌を一にしているのかもしれない。

「就職」に有利なつてがあればそれにすがりたいのは同じことだろう。しかも議員などへの立候補者は一般的に「あとがない」のだから。

だからこそ「何が問題なのかわからない」などという、およそ憲法を順守すべき議員にあるまじき発言が平然となされるのであろう。

宗教とは、本来、世の中の平安を求め人々の魂に安らぎを与えるためにあるのではないかと、私などは思っている。

イエスにしても釈迦にしても、その眼差しはこの世の生きとし生けるものすべてに注がれているのであり、少なくとも己の信徒のみを限定してそうした行動をとっていたわけではあるまい。

教祖と呼ばれるほとんどの人は、おそらくそうした想いを以て人々を導こうとしたのではないか。

しかし、教祖のそうした高邁な想いが、例えばその教団の幹部などにきちんと継承されているとは限らず、熱心な信者から金品を巻き上げることに血道をあげているとしたら、正しくこの世の闇だろう。

教えを忠実に守り、世の中の平安を希求し他者のために地道に活動する地の塩のような人は、むしろ末端に近い信徒に数多く存在するのではないか。

怪しげなカルト的宗教団体は、そうした純粋な想いを持つ信徒を食い物にする。

そしてそれに便乗する自民党のような政治団体がいる。

そのことの意味を重く受け止めなければならないと、改めて思う。





address