2021年7月11日更新

ようこそお越しくださいました。山登り岩登りの記事を中心としたささやかなサイトです。(^^;

標題をクリックして頂くと更新履歴に跳びます。

なお、断るまでもないことですが、リンクはご自由になさって下さい。


サイト内検索

AND OR


最新記事→八ヶ岳・西岳登山入笠山登山7/12


身辺雑記(最新)これまでの身辺雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2021/7/11

曇りのち晴れ。

線状降水帯の影響による豪雨で大きな被害が出た南九州は梅雨明けを迎えるという。

今日の関東地方は雨の予報だったが、午後からは晴れ間が広がっている。

布団も思い切り干せ、その点は満足だ。

先日、二回目の新型コロナウィルスワクチンの接種を終えた。

今回も腕の痛みに悩まされたが、ロキソニン入りの湿布薬を貼って、何とか抑えられている。

発熱などは幸いにしてなかった。

ワクチンの供給が遅れていて、接種は当初の予定通りにはいかないらしい。

様々な報告によればワクチンの効果はある程度期待できるそうだから、何とかスムーズに運んでほしいものと切望している。

そういうことをないがしろにして、政府はオリ・パラ開催に血道をあげ、その割には4回目の緊急事態宣言を発出した。

案の定、国民の心には全く届かず、やっきになった政府は、酒の提供をやみくもに阻止しようとするなどの迷走に陥っている。

飲食店や酒の販売店などは、恐らく怒り心頭に発していることだろう。

週末の繁華街の人出は先週末比で相当の増加を見ているそうだ。

居酒屋などで酒を飲めるのは今日までなのだから、そりゃあ当然の行動だな。

オリ・パラで開催をごり押ししている中で、そのほかのイベントは軒並みに中止に追い込まれている。

野田洋次郎さん、ロッキン中止に「ふざけんな」 自身の思いを文章で公開(全文)

文章では、フェスの中止が決まったことについて「無念です」とし、国内の産業やイベントが中止になって犠牲を払う一方で、東京オリンピックの開催が既定路線で準備が着々と進められていることに「やりきれない思いです」とつづっている。

全くやりきれない。

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021」は、今年こそ開催しようと一年以上前から自治体と協議をし準備を進めてきたそうだ。

「観客数を大幅に減らし、ステージを一つだけにし、感染対策を徹底した上での開催を目指してい」たのに、「7月2日に茨城県医師会および県下26の医師会による中止要請」が出て、中止という苦渋の選択をしたとのこと。

実に悲しい話だ。

ここ連日五輪までのカウントダウンが報道され、海外からも選手団や関係者が訪れ、着々と準備が進められる中なんとも言えない気持ちになります。有観客、無観客に関わらず五輪開催による感染者数の増加はすでにたくさんの専門家の意見でも明らかな中、開催は既定路線として進みました。その裏でこういった国内の産業やイベントが犠牲を払う図式にやりきれない思いです。

本当にその通りだ。

オリ・パラの強行により、恐らく新規感染者は増大するだろう。

新聞にしてもテレビにしても、本音のところではオリ・パラ推進の立場なのだろうから、スガ総理に対する記者会見の質疑に迫力を欠き、追及をしようという勢いが全く見られなかったのも蓋し必然というところか。





address