2019年10月8日更新

ようこそお越しくださいました。山登り岩登りの記事を中心としたささやかなサイトです。(^^;

標題をクリックして頂くと更新履歴に跳びます。

なお、断るまでもないことですが、リンクはご自由になさって下さい。


サイト内検索

AND OR


最新記事→八ヶ岳・西岳登山入笠山登山7/12


身辺雑記(最新)これまでの身辺雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2019/10/8

曇り時々晴れ。

台風19号が強大な勢力に発達して本州を直撃する恐れがあるという。

関東地方は15号のときにも甚大な被害が出て、千葉ではまだ復旧に至っていないところもあり、経済的な損失はもちろん、生活基盤さえも心もとない状況が続いている。

私のところも、もちろん千葉ほどひどくはなかったが15号のときには夜中に二度も停電し、さすがに不安感を募らせたものだ。

そんなところにまだぞろ大型台風の襲来。

懐中電灯・ラジオ・非常食・飲み水などの緊急備品類を用意し、もしものときに備えるしか今のところ有効な手立てはなさそうだ。

生活を維持する、という点で、少し気になる記事があった。

64歳一人暮らし、貯金は900万円。毎月、貯金を取り崩しています

私も現在62歳で一人暮らし。その点はこの方と似た境遇にある。

ただし、この方にはお子様がお二人おられ、いざとなれば頼ることができる(ご本人はそれを極力避けたいとしているようだが)点は大きな違いだ。

さて、この方の出納の状況をみてみると、記事の診断にも書かれている通り、固定経費の支出にあまりにも無頓着な気がする。

特に自動車保険が10万円を超えているのは、このご時世、やはり少々不用意と感ぜられた。

そのほかの各種保険の契約もしかりである。

住宅ローンなども完済し、借金がないというところから、なんとなく義務的経費の桎梏から解放された気楽さもあったのだろうか。

お体のお加減があまりよろしくない中でのパート就労で、月に5万円程度の収入というから、確かに不安になるのも頷ける。

この方のように、そうした不安を抱いて相談をする、という選択をすれば何らかのアドバイスを受けられるチャンスもあるわけだが、漫然とした不安感を抱えつつ思考をストップさせている人もかなり多いのではないか。

支出をきちんと管理する手段は、私個人の経験からしても「家計簿をつける」というところが端緒と思う。

私は、津に単身赴任をしていた時から家計簿(最初は小遣い帳程度)をExcelでつけ始めたが、グラフなどを使って支出の傾向を分析すると、節約などの対策が非常に立てやすくなる。

因みにこの9月の支出状況を見ると、食費・日用品・光熱水量・住居費などの必要経費で8万円強、通信費が1万円、医療費が1万円弱(腰痛で苦しんだので)だった。支出全体では15万円強であり、交際費や慶弔関係その他(車関係や交通費を含む)で5万円程度使っていた。

個人的にはこの辺りがベースかなと思っており、月によっては臨時の出費(自動車の任意保険とか自動車税とか固定資産税など)が加算されることもあるため、それらも含めて大枠の予算を設定している。

三食を、昼の弁当も含めて自炊しているため、特に食費に関してはそれなりのダウンサイジングが図れているいると自負しているが、通信費はできればもう少し落としたい。

これに関していえば固定電話をやめるという選択肢があるが、実家も含めて最終的な連絡手段と位置付けており、なかなかそこまでは踏み切れないうらみもある。

本当は自家用車を手放すことが一番大きな節約になると思われるのだが、例えば実家に帰った際の足の確保(両親の移動手段などもある)を考えると、これもなかなか判断が難しい。

どうもなんだかんだとセコいことを書いてしまったが、先の記事を読みながら、改めて家計の在り方を見直そうと思った次第である。

そうそう、実をいうと酒をやめればおそらくかなりのダウンサイジングが図れると思う(現在は食費と交際費に潜り込んでいる)。

しかしこれは別の意味でなかなか難しいかな。





address