身辺雑記「綾に哀しき」

思いついたことどもを思いついたままに書き殴る、ほとんど意味不明の日記もどきです。まあ、そのうち意味を持ってくるかもしれませんが、よろしければお読み下さい。m(_ _)m


身辺雑記「綾に哀しき」過去の記録

2000年 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月) 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2001年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2001年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2002年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2002年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2003年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2003年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2004年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2004年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2005年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2005年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2006年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2006年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2007年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2007年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2008年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2008年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2009年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2009年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2010年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2010年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2011年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2011年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2012年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2012年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2013年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2013年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2014年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2014年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2015年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2015年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2016年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2016年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2017年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月)

今月の雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2017/5/23

晴れ。

土曜日から気温が急激に上昇し、30度近い状況が続いた。

明日からは気温も下がり、今週末に向けてこの時期の気温に落ち着くというが、急激な暑さは熱中症の引き金になるので注意が必要だ。

アベ首相が改憲日程を具体的に出して来たり、共謀罪可決が目睫に迫ってきたり、トランプ弾劾の話が現実味を帯びたり、北朝鮮がICBMを発射したりと、世の中は相も変わらずきな臭い状況となっているが、そんな中で、ちょっと心のなごむ話題が載っていた。

乙葉、家事あまりしない夫・藤井隆に不満まったくない理由

その理由とは以下のものだという。

「そもそも私が、家庭優先で仕事をするスタイルを望んでいたというのもありますが、不満がないのは、私が何かするたびに夫が必ず"ありがとう"と声をかけてくれるから。"やってもらって当然"という態度なら続かなかったかも。特に苦労した家事は、"見て、こんなにきれいになったんだよ!"などと報告して、一緒に喜んだり褒めてもらったりしていますね」

家庭生活は、その生活を維持していくために必要なことを家族それぞれが担当し協力し、してもらったことに対して感謝する、というところから始まる、と私は思っている。

藤井隆・乙葉夫妻にとって、それがある意味理想的な形で回っているということなのだろうが、この記事を読んで私が真っ先に感じたことは、藤井隆氏が、料理を含めて家事全般をきちんとこなせる人間であることがキモなのだということ。

あの、潔癖症で有名な今田耕司氏から「家政婦みたい」といわれるほど藤井氏はきれい好きできちんとしているとのこと。

そういう人だからこそ、家事をそつなくこなすのがどれほど大変なことか身にしみてわかっているのだろう。

だからお礼の言葉も素直に心から出てくるのだと思う。

さらに、いざとなれば奥さんに代わっていつでも家事を担当できる。

こうした関係ゆえに、通常の生活の中では家事全般を奥さんがこなす状況になっていても文句は出ない、ということではないのか。

私自身、こんな記事を書いていることもあるが、仕事をしている身にとって家事はやはり負担なのであり、できればサボりたいと考えてしまうのは男女の別なく当たり前のことだと思っている。

そんな面倒な仕事であるから、やってもらってありがたい、という気持ちに心底なれるのではないか。

私の知人には、家事が全くできずそれが男として当たり前の姿とうそぶいている人間もいる。

彼にとって、家事がどれほど大変な労力を要するものであるのか全く想像の範疇にすらないのだろう。

だからもちろん礼などいうはずもない(奥さんもすっかり諦めている風情だった)。

同じように奥さんが家事全般を担当しているといっても、彼我においては全く事情が異なる。

旦那は推して心すべきかもしれない。

身辺雑記「綾に哀しき」2017/5/19

晴れ。

今日は久しぶりに安定した晴天となった。

昼間にかけて気温も上がったが、湿度が低いせいかむしろ爽やかな気候という感じだ。

あとわずかでこのあたりも梅雨入りとなる。

それまではこの爽やかなお天気を少しでも楽しんでおくこととしよう。

金田法相の不信任決議案は当然のごとく否決され、例の共謀罪は衆院法務委で強行的に可決された。

<共謀罪>衆院法務委で可決 与党側が採決強行

まあ、こういうていたらくになることをほとんどの人はわかっていたであろうし、従って私も「可決されたか…」というくらいの感想しか持たない。

組織犯罪を計画段階で処罰可能とする「共謀罪」の成立要件を改めたテロ等準備罪を新設する組織犯罪処罰法改正案は19日午後、衆院法務委員会で自民、公明両党と日本維新の会の賛成多数で可決された。与党側が審議時間の目安とする計30時間(参考人質疑を除く)に達したとして、質疑終局の動議を提出し、採決に踏み切った。民進党や共産党などは「質疑が不十分だ」などと猛反発し、怒号が飛び交う中での採決となった。

国会議員や閣僚などの顔がテレビに映ると、このところうんざり感が半端ではなくなっているが、殊に自民党の連中、アベだのスガだのニカイだのという輩の顔を見ると吐き気がする。

特にアベの顔は、正直にいって正視に堪えない。

何という下品かつ傲慢な面構えなんだろうか。しかも、あの無礼かつ投げやりな国会での答弁態度。彼にとって国民など所詮「烏合の衆」であり、朝三暮四かなんかで騙される猿の群れとしか思っていないのだろうな。

こんな連中が仕切る自民党や内閣や首相の支持率がそれなりのところに高止まりしていることに怒りを禁じえないが、考えてみればそんな体制を作ったのは我々有権者なのである。

「共謀罪」法案が通ってしまったのだって、結局、衆参両議院で単独強行採決可能な議席を与えてしまった結果なのだから、今さら何をかいわんや、だろう。

民進党や共産党が「質疑が不十分だ」と猛反発したとのことだが、森友や加計などという、共謀罪の可決・成立に比べれば、国民生活にとってはるかに危険性の少ない話題の追及に血道を上げて、あたら審議時間を費消させていたのだから、これもどうかと思うよ。

マスコミの対応はもっとひどいわけで、もしかすると、森友や加計などというものを騒ぎ立てたのも共謀罪を強行採決させるために与党側と仕組んだおぜん立てだったのかと疑ってしまう。

こんな野党とマスコミが現在の政権与党を結果として応援しているということなのだろう。

民進党の前身であった民主党が政権与党であった折のひどい失政。これが国民に与えた失望と厭世観がどれほどものであったか。

つまり、国民は「自民党がどれほどひどいものであっても、野党に政権を任せるよりはまし」と考えたわけで、これは自民党にとってとてつもないアドバンテージとなったわけだ。

次回の選挙で、果たして国民は現在の野党に票を投ずるのだろうか。

先日もこの欄で書いたが、野党側の立候補者に、とてもではないが私たちの未来を託せるような人物は(少なくとも私の選挙区では)居なかった。

もちろん自民党などには入れるはずもなく、苦渋の選択で、立候補者の中でも比較的高潔であろうと思わる人物に「死に票となるのを覚悟で」投票せざるを得なかった。

同じようなことが今後も繰り返されるのであれば、これは果たして選挙民だけに帰せられるべき責任なのだろうか。

身辺雑記「綾に哀しき」2017/5/17

曇り時々晴れ。

寒暖の差が激しい。

真夏日が来たと思ったら4月初旬くらいの気温になったりと、この時期特有の変化なのだろう。

沖縄地方などは既に梅雨入りをしており、爽やかな薫風の季節ももうそろそろ終盤を迎える。

私もそうだが、SNSを媒介としたネット上のコミュニケーションツールを利用している人は相当数に上っている。

このサイトは私の一方的な発信なのだが、ブログなどはコメント欄やトラックバック、「nice」「お気に入り」「いいね」などの足跡フラグなどもあるので、一応双方向のコミュニケーションツールということになるのだろう。

「いいね!」の数が多いと浮かれている人は注意。それ、単なる義理です

この記事は面白い。

というか、当たり前のことが書かれているだけなのだが。

「いいね!の数よりもコメントの数や内容で判断するほうがいいでしょう。芸能人でもないのに『○○に来ました』など脊髄反射的な投稿、自慢や上から目線の説教くさい内容、そして『もっと見る』が表示される長文は鬱陶しく思われている危険性があります」

世の中には「ソーハラ」などという言葉もあるそうだ。

「会社の幹部が部下に対し、友達になることや『いいね』を入れることを強要する」といった行為がこれに当たるのだそうだが、これは鬱陶しいよね。

私の周囲には幸いにしてそういう御仁はいなかったが、facebookやLINEなどでは結構あるらしい。

どうやら最近では、「見る価値がないオジサンのフォローを外して、投稿を表示させなくしています」(27歳・店員)という女性も多いようで、マイナスな印象にさせない対策が必要だ。

これは当然の対策だと思うが、自分が利用しているSNSについては、少なくとも会社関係者には秘匿しておくということが鉄則なのかもしれない。

先にも触れたが、このサイトは一方的な発信であり、しかもniftyが掲示板サービスを停止したことで、コメントを受け付けることもできなくなった。

従ってこれはSNSではなく、私の駄文を時折掲載するという哀しい自己満足媒体に成り下がってしまっている。

ただし、別に運営しているブログではある程度掲載内容を絞っていることもあり、余りその趣旨から逸脱するようなことを書いておらず、自分としてはいささかフラストレーションも溜まる媒体なので、ここである程度思うことを書けるのは精神衛生上において非常にありがたい(読んで下さる方がおられれば誠に申し訳ないが)。

カウンターのサービスもなくなったってしまったので、PVなどを気にすることもなくなった。

「チヤホヤされたいならSNSは自己アピールのツールではなく『見ていただいているもの』と謙虚な心構えで使うべきですね。投稿前に、己で『この投稿は必要か』と確認をするのは必須です」

これは、他人に見てもらい何らかのコミュニケーションをとることを期待する手段としてとらえられるSNSでは必須の心がけなのだろうが、読んでもらえたらラッキー程度に考えれば特に気にすることでもない。チヤホヤされたいのなら別だが。

この身辺雑記は2000年5月22日から書いているので、現在の私からすれば一つの備忘録の様なものとなっている。

実際、ごくたまに以前の記事を読んだりすると、「ああ、あの頃はそんなことがあったのだな」とか「こんな考え方をしていたのか」と振り返ることができ、それはそれなりに面白いのである。

他で運営しているブログも、2004年と2010年に開設しているので、それなりの期間が経っている。

こちらもたまに読み返してみると、それはそれで面白いものだ。

もちろん自分が書いた文章なので、それに感動するなどということは全くないが、これだけの年月が経っていると結構第三者的な目で読むことができる。それがなかなか愉快でもあり赤面ものでもあるのだが。

身辺雑記「綾に哀しき」2017/5/11

晴れ。

一転して今日は最高気温が29度まで上がった。

昨日は上着が必要だったのだけれども、今日はワイシャツだけで十分。

それにしても気温の変化が激しすぎるね。

「一億総活躍」という胡散臭い掛け声が聞こえてきて久しいが、それに関連してこんな話が出てくるようだ。

年金受給開始、71歳以上も=自民、「1億活躍」で提言

結局、税金や社会保険料は搾れるだけ搾り取って、給付はできる限り遅らせる、ということなんだろう。

対象者の支払期間を長くし給付期間を短かくすれば、国が支払う金を少なくできるものね。

こんな話を「一億総活躍」だなどと、よくも臆面もなく云えたものだと心底から呆れかえった。

65歳までを「完全現役」とする社会を推進しつつ、66歳以上も本人が希望する限り働けるように国や産業界に呼び掛ける。

現在でも年金の支給開始年齢は毎年上がってきており、その割には定年を60歳にしている職場がほとんどで、その隙間を「継続雇用」みたいな形で埋めている状況だ。

しかもたいていの職場は55〜7歳くらいで役職定年となり、賃金はそこでがくんと下がる。

定年を過ぎての継続雇用はたいてい臨時職員扱いと同程度であり、年収も3〜400万円くらいか。

年金が満額支給されても、良くて200万円くらいだから、そもそも働かないで老後を過ごすなどということは現状でも困難なのだ。

繰り下げ受給を71歳以上にも広げることで、働くことが可能な高齢者には社会保障を「支える側」に回ってもらい、年金財政の安定を目指す。

社会保障を支える側に回るほどの収入を70歳くらいまで確保できる人などほとんどいないだろう。

私も痛感しているが、60歳を超えてからの再就職は非常に困難で、高度なスキルや相応のマネージメント能力を有していなければ安定的な再就職先を見つけることすら難しい。

働く場所がないからと、早いうちから年金を支給してもらうことにすれば、支給額自体が目減りし生活に困窮する。老後の貧困生活にまっしぐらだ。

逆に、70歳くらいまで相応の所得を得られる職業に就けている人は、その後の年金収入額も多くなるわけだ。

つまり、老後の格差はさらに拡大し、下流に位置する高齢者は下手をすれば健康保険にすら満足に入れないということになるのではないか。

工事現場などで、時折かなり年配の従業員を見かけることがある。

彼らの子供か孫くらいの年頃の若僧から悪しざまに扱われている姿を見ると、本当に心が痛む。

近所のスーパーの駐車場で、車の整理を行っている年配の方。かなりの重労働をいったいどのくらいの賃金でこなしているのだろうか。

働かなくては生活できないギリギリのこうした人たちに、こんな「一億総活躍」社会構想を押し付ける。

議員先生たちの年金などは大変な高額だという話を仄聞したことがあるし、ほとんどの「センセイ」がたは立派な資産をお持ちなのだろう。

そういう御仁には、所詮底辺で生きている私たちの生活のことなど想定外で、国の財政のやりくりに優先されるような問題ではないということか。

私は何も、定年後はたっぷりと年金をもらって悠々自適に遊び暮らせるようにすべきだ、などといっているわけではない。

一般の労働者にとってそんなことは全く無理な話だし、ほとんどの人は何もせずにぼーっとして余生を過ごすことなど望んではおるまし。

体の動くうちは働きたい。この際の「働く」とは「傍(はた)を楽にさせる」という意味合いであり、生活に困るから汲々として日銭を稼ぐということではない。

慎ましやかな生活は保障されつつも、社会のために何らかの役に立ちたい、そのために働く、ということである。

そうした生涯こそが「一億総活躍」社会の目指すべきところではないのか。

身辺雑記「綾に哀しき」2017/5/10

雨のち曇り。

雨の降る肌寒い日となった。

8日は夏日を記録した都心でも、気温は20度くらいにまで下がっている。

さすがに10度の変化はきついな。明日はまた暑さが戻ってくるとの予報だし、体調管理は慎重にしたいところだ。

韓国の大統領選、予想通り「共に民主党」の文氏が当選した。

韓国大統領に文在寅氏 少数与党や雇用対策など多難

韓国における革新は親北だそうだから、文氏がその主張を堅持するのであれば、国際社会の動向を見据えた上でのかじ取りは相当に厳しいことになる可能性がある。

もちろん「同じ(朝鮮)民族なのだから統一・融和を希求する」という理念は素晴らしいことだと思う。

しかし、今の金正恩委員長の元での北朝鮮が韓国的体制に組してくるとは到底思えない。

現在の北朝鮮は、国際社会から見れば完全に孤立無援であり、頼みの中国にも見放されている。

それ故に核実験やICBM発射実験などを行って「自分たちにはこれだけの力(軍事力)があるのだぞ」と威嚇行為を続けているのだろう。

まるで戦前の大日本帝国を見ているようで気が滅入るが、このまま進めば自暴自棄となって自国民を巻き込んだ悲惨・醜悪な自殺行為的行動に出る可能性なしとしない。

そういう国とどのようにして融和を図っていくつもりなのか、文氏の手腕に注目するところであるが、対北朝鮮防衛のためのTHAADを在韓米軍基地に配備することとしている状況の中で、どのようにふるまうつもりなのか。

また、韓国国内における問題も山積していて、これも非常に重い課題となろう。

人口約5050万人の韓国。失業者は116万7千人。うち約47%の54万3千人が大学卒業以上で初めて50万人を突破(韓国統計庁)。家計負債額も増え続け1300兆ウォン(約130兆円)。一方で貧富の格差は開くばかりだ。韓国国民が新大統領に最も期待するのは、生活の向上、経済の立て直しだ。ただ、有権者の期待は5年前の前回大統領選当時と変わっていない。期待に反し、朴槿恵政権発足から4年3カ月を経て悪化している。

正直に云って、よくもこのような情勢の中で火中の栗を拾おうとしたものだと感ずる。その勇気に対しては心底脱帽した。

この、韓国大統領選に関しては、日本でもそれなりにニュースバリューがあるとマスコミが判断したせいか、テレビやネットなどでも連日話題に取り上げ、投票日当日はNHKでも速報を流していた。

ネット住民たちは、「韓国は日本のことを気にしすぎ」みたいなことをしきりに書き込んでいたが、日本だって同じことではないかと、鼻白む想いがしたものだ。

いずれの候補が大統領になっても対日関係が好転することは期待できないとされてきたが、文氏はその中でもとりわけ強硬派として知られている。

北朝鮮対策が喫緊の課題となっている中だけに、その点をどうコントロールするのか、日韓両政府の駆け引きが注目される。

例の「慰安婦に関する日韓合意」、文氏は否定しており見直しが必要といっているが、国際社会において双方の政府が合意している協定を一方的に破棄することは通常あり得ないことだろう。

この点については日本政府も態度を変えることはなかろうし、にらみ合いは続くものと思われる。

しかし、この話の中で問題とされているのが大使館や領事館前に設置されている「少女像」の取扱だとすれば、なんだか非常に不毛な気もする。

何度も書いてきたのでこれ以上踏み込むのはやめるが、韓国が自分の国の中にどんなものを作ろうが勝手だし、ウィーン条約をもちだしていちいち目くじらを立てるのもいかがなものだろうか。

大問題みたいな扱いでマスコミもいちいち報道するから問題がこんがらがっているような気がしてならない。

身辺雑記「綾に哀しき」2017/5/8

晴れ。

連休が終わった。

大型連休とは云い条、私の場合は暦通りの出勤だったため、実質的な連休は3日から5日までの三日間。土曜日も出勤だったことから、それほど長期に休んだ気はしない。

それでも、平日に三日間休みがあるのはやっぱりうれしい。

遠方に出かけることはできなかったが、音楽を聴いたり、近くの里山ウォーキングに出かけたり、ちょっとした片付けものをしたり、5日には久しぶりに東丹沢の春岳沢の遡行に出かけたり、と、それなりに有意義な休日ではあった。

6日の土曜日が休みだったら、帰省をするなど少し遠方に出かけることを考えただろうから、こうしたコンパクトな休みは却って気が楽になるのかもしれない。

フランス大統領選、39歳のマクロン氏が勝利した。

仏大統領選 欧州首脳らマクロン氏に祝福 オランダ極右党首は「次はあなたが勝つ」とルペン氏にエール

テレビで中継されていた両候補による討論会を見ていて、もちろん断片的なものだから決めつけは慎まなければならないけれども、ルペン氏の発言にはいささか失望した。

就職難にあえぐ若者たちの救済やテロリズムへの対抗策などに関して、何等政策的な具体案を示さず、相手方を罵倒することに終始しており、こういう中身のない底の浅い人物がフランスという大国の大統領選の決選投票にまで残っていたことが不思議でならない。

自国民優位を声高に叫び異分子を排斥する極右的な思想に私は全く共感することはできないが、それでも何らかの説得力を感じさせる思想がそこにあるのであれば、己の考え方との差異を明確にするためにも参考にしたいと思っている。

そんなわけで、ルペン氏に、フランスの未来の発展に向けてどんな具体的な政策があり、どのように国際社会の中での地位を高めていく用意があるのか是非とも聞きたかったのだが、全くの肩すかしだった。

このテレビ討論会によってマクロン氏がさらに優勢になったということだがさもありなん、という感じである。

昨年のイギリスのEU離脱決議は世界を揺るがす衝撃であったし、米国大統領がトランプ氏になったことも、国際協調よりも自国への利益誘導を専らとする方向に世界が向かうのかと危惧されたのだが、フランスに先立つオランダでもそうした極右的候補が退けられたことから、今回のフランス大統領選も併せてどうやらEUの未来にも少し安定的な光が見えてきたようにも思う。

むしろイギリスの今後のかじ取りが難しくなってくるのではないか。

フランスがEUに踏みとどまったことによって、EU傘下の各国の動揺はひとまず沈静化に向かい安定を取り戻すことになる可能性が高い。

そうなると、イギリスの「EU離脱」にエールを送る国は(少なくともEU圏内では)かなり限定され、それどころか、スコットランドなどは独自にEUに加わると云って国を割って出ようとする圧力をさらに強めることになるのかもしれない。

イギリスは、もともとケルト系のゲール人・ブリトン人・ピクト人などの住まう島国であったが、ヨーロッパ大陸の主にアングロサクソンなどによって侵略・支配されてきた歴史を持つ。

イングランド人はこのアングロサクソンの系列であり、つまり大陸からの移民(侵略を含む)が国を乗っ取ったようなものではないのか。

その彼らが、移民の受け入れを拒否するとしてEUを離脱する、というのだから正に噴飯ものの主張としかいいようがない。

トランプ氏も「不法入国」を拒否するとしているが、こちらとて欧州のあぶれモノがアメリカ大陸の先住民を侵略・虐殺・だまし討ちをして居座った国。

自分たちの国の成り立ちを理性的に分析してから話を始めろ!といいたくなってしまう。

それはともかく、孤立の道を深める可能性のあるイギリスは、これからどうするつもりなのか。

フランス大統領選挙のこの結果により、EUからの譲歩などますます望めなくなることだろう。

因みに上の記事の末尾にあった記述。

一方、ルペン氏の盟友関係にあるオランダの極右、自由党のウィルダース党首はツイッター上で「何百万もの愛国者があなたに投じた。次はあなたが勝つ。私もだ」と主張した。

ルペン氏の父親が代表だったころの国民戦線は正しく「泡沫」だったことを考えれば、今回ダブルスコアで負けたとは云うもの百万を超える選挙民が彼女に投票した現実を忘れてはなるまい。

そしてこうしたことがこの日本においても現出する虞なしとしないことも。

雑記「番外編」


TOPへ