身辺雑記「綾に哀しき」

思いついたことどもを思いついたままに書き殴る、ほとんど意味不明の日記もどきです。まあ、そのうち意味を持ってくるかもしれませんが、よろしければお読み下さい。m(_ _)m


身辺雑記「綾に哀しき」過去の記録

2000年 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月) 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2001年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2001年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2002年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2002年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2003年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2003年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2004年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2004年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2005年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2005年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2006年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2006年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2007年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2007年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2008年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2008年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2009年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2009年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2010年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2010年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2011年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2011年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2012年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2012年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2013年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2013年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2014年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2014年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2015年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2015年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2016年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2016年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2017年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2017年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2018年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2018年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2019年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2019年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2020年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月)

今月の雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2020/7/1

雨。

会社の方では在宅ワークを継続する方針としているが、さすがにいろいろとたまっているので、今日は久しぶりに出勤した。

満員電車が戻ってきているという話もあったので少々びくびくしつつ、いつもの時間に家を出たのであるが、なんとIDカードを忘れて取りに戻るという失態をしてしまう。15分程度ロスをしてしまった。

電車の混雑は思ったほどひどくはなく、もちろん座れはしないが、以前のようにすし詰めで身動きが取れない、ところまではいかない。

ほかの乗客と接触することもほとんどなく、これならまあ許容できる範疇だ。

駅の混雑も予想したほどではない。

今回のコロナ騒ぎでテレワーク実施率は相当向上したそうであるし、生産性の面でも効率化の面でも経費節約の面でも、テレワークがかなりの貢献度合いを示すことが分かってきたのであろう。

わが社でも、通勤手当は出勤日数に応じた精算払いとなったので、「定期券もあるから出勤するか」などという消極的な動機での出社はなくなっていくことだろう。

個人的な感想ではあるが、通勤時間を考えずに仕事ができていたこの三か月余は、肉体的にも精神的にも本当に楽だった。

とは云い条、久しぶりに出社してみると、結構な社員が来ていて、取り立てて深刻に話し込んだりはしないながらも、会話を交わすことでなんだか安心感を覚えもした。

対面でのコミュニケーションに、私自身も相当程度飢えていたのだろうな。

ところでコロナ感染者の数は、首都圏などを中心に相変わらず高止まりしている。

神奈川県では昨日31人の感染があったそうで、そのうちの28人が横浜市、かつ26人が同市中区ホストクラブの関係者だったという。

こうした接客業においては、3密防止だとかソーシャルディスタンスなどというお題目は通用しない。

営業を差し止められれば収入の道は閉ざされてしまうわけで、それこそ彼ら彼女らにしてみれば生死にかかわる深刻な問題となろう。

たいていの場合、客は選べないわけで、こうした従業員は常に感染のリスクを抱え怯えて営業活動に取り組まざるを得ないわけだ。

理不尽極まりない。

諸外国に比べ、日本においては、コロナ感染を自己責任と考える人が圧倒的に多いと聞く。

すべてとは言わないが、こうした考え方の一端には「自分が感染源になるかもしれない」という可能性を無視する感覚があるのではないか。

この雑記でも何度も書いてきたが、自分が人にうつしてしまうかもしれないという虞を忘れずに警戒したいものと改めて思う。

なお、これ以上の事態悪化があれば再度の緊急事態宣言発出もありうると、官房長官はその可能性について言及したそうだ。

雑記「番外編」


TOPへ