身辺雑記「綾に哀しき」

思いついたことどもを思いついたままに書き殴る、ほとんど意味不明の日記もどきです。まあ、そのうち意味を持ってくるかもしれませんが、よろしければお読み下さい。m(_ _)m


身辺雑記「綾に哀しき」過去の記録

2000年 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月) 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2001年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2001年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2002年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2002年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2003年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2003年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2004年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2004年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2005年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2005年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2006年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2006年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2007年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2007年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2008年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2008年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2009年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2009年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2010年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2010年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2011年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2011年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2012年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2012年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2013年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2013年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2014年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2014年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2015年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2015年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2016年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2016年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2017年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2017年 9月(長月)

今月の雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2017/10/2

曇りのち雨。

天気予報では「週末は秋晴れ」などとしていたが、雨こそ降らなかったもののはっきりしない天候となった。

快晴を期待していた人たちはがっかりしたことだろうが、現在の天気予報の精度がかなり上がっているために鵜呑みにしてしまうという傾向もありそうだ。

気象衛星の拡充で、例えば富士山レーダーすらもいらなくなっている今日、高層天気図を見ながら必死で天気図を書き、山行計画を立てていた昔がむしろ懐かしい。

10月になった。

予定通り、9月28日に疑惑隠しの衆院解散が実行され、世の中は衆議院選挙に向けてにわかに慌ただしくなってきている。

「希望の党」とやらいう、与党の云うところの、単に衆議院選挙に当選したいという思惑だけで集まった連中にひっかきまわされている、という印象だ。

もちろん、例の森友・加計学園をはじめとした現政権の様々な疑惑に対して何らの説明をすることなく尻尾を巻いて逃げた政権与党やアベやスガあたりに、そんな偉そうなことを云う資格など全くないとは思うが、先日の都議選の結果とそのあとのコイケ知事や「都民ファーストの会」のありようを見れば、この「希望の党」の胡散臭さも尋常なものではないだろう。

どっちもどっちだが、それにしても例の「仕事人内閣」ってふれこみはどこにいっちゃったのかね。

仕事人ていうのは、つまり「必殺仕事人」みたいなもので、通常は陰に隠れて表には出てこず、別の「生業」で口に糊をしている、ということだったのか。

必殺仕事人のメンバーはそれでも、いざというときには抑圧されたりひどい目に遭った市井の人々の側に立って薄汚い悪を始末するわけだが、この仕事人内閣は陰に隠れたまま何にも世の中の役に立つこともなくオヤビンの思惑ひとつで消えていく。

これじゃあ物語にもならないわな。

それはともかく、安保法制や共謀罪や憲法改悪に対して鋭く与党を追及してきた(と思われた)民進党が、その「理念(あったのか?)」をかなぐり捨てて、そうした観点では与党と全く軌を一にしている「希望の党」の公認を得ようと雪崩を打ってすり寄っていく姿は、何とも醜く無様ではある。

「選挙に落ちたらただの人」という恐怖感は相当のものなのだろうね。

しかし、だとすれば、連中はいったいどういう想いを抱いて政治家になろうとしたのだろうか。

少なくとも今回のごたごたで野党四党の共闘はぶち壊され、衆院の民進党は瓦解した。

こういう状況にほくそえんでいるのは外でもないアベ首相ではないのか。口では「希望の党」のことをあれこれ罵ってはいても、同じ穴のムジナであることは先刻ご承知だろうし。

マスコミも、森友・加計問題などどこかに行ってしまったかのように、この目先の茶番に踊らされている。

「惨状」とはきっとこういうことをいうのだろうな。

こうした状況に怒りを抱いている人たちはかなりいるのだろうと思っていたら、やはり具体的な行動に出る若い人たちも存在するようだ。

「怒ってるやつ声上げろ!」 安倍氏、小池氏を非難し新宿でデモ

デモは、休日の買い物客でにぎわう新宿駅周辺の繁華街を練り歩き「民主主義ってこれだ」「怒ってるやつ声上げろ!」と呼びかけた。街宣車に上った横浜市金沢区の大学1年生、浅野恵実里さん(19)は「森友、加計学園問題を丁寧に説明すると言っていたのに、何もせず国会が開かれるとなったら解散だなんて卑怯(ひきょう)」と怒りをあらわにした。平和憲法を軽視したり、安保法制に反対する議員を「排除する」と言う小池氏についても非難。混迷の政治状況を踏まえ、「そろそろ声を上げてもいいんじゃないですか? いまがそのときです」と雑踏に呼び掛けた。

こうしたデモが1500人の参加者を集めていることは、素直に嬉しくなる。

ヤフコメには例によって嘲笑や冷笑じみたコメントが付いているが、云われなくても彼らは選挙に出向いて己の想いをそこに込めることだろう。

PCの前に座って、実際に行動に出ている若い世代を鼻であしらっているお前らこそ、今のこの状況でどういう行動に出るべきかについてきちんと考えるべきではないか、と老婆心ながら感じてしまった。

今回の選挙において私は、社民党や共産党に投票することを躊躇しているリベラル層の想いが宙に浮いて結果として棄権などということになりはしないかと非常に危惧している。

枝野氏を始め、リベラルとしてぶれないことを宣言している政治家に、国会において十分活躍できる場を与えて上げたいと心底から切望する。

枝野氏は「立憲民主党」を新たに立ち上げ、そうした勢力の結集を考えているようだ。

幸いなことに、共産党の志位委員長は、社民党との選挙協力を合意しているうえで、希望の党への合流を拒む民進党などの候補者との共闘を打ち出している。

何とかいい方向で進めてほしいものと切に願っている。

雑記「番外編」


TOPへ