身辺雑記「綾に哀しき」

思いついたことどもを思いついたままに書き殴る、ほとんど意味不明の日記もどきです。まあ、そのうち意味を持ってくるかもしれませんが、よろしければお読み下さい。m(_ _)m


身辺雑記「綾に哀しき」過去の記録

2000年 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月) 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2001年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2001年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2002年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2002年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2003年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2003年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2004年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2004年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2005年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2005年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2006年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2006年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2007年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2007年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2008年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2008年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2009年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2009年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2010年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2010年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2011年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2011年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2012年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2012年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2013年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2013年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2014年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2014年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2015年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2015年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2016年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2016年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2017年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2017年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月)

今月の雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2017/12/9

晴れ。

12月に入って、寒暖の差が一段と激しくなっているが、このところかかなり厳しい冷え込みが続いている。

自宅でも、リビングや寝室はそれなりに寒さを防げているが、服の着替えや本などを取りに行く程度にしか足を踏み入れない部屋は冷蔵庫並みの冷え込みとなっている。

昨日は雨が降り風も出たので、さすがに辛かった。

冷蔵庫が壊れた。

現在の自宅に引っ越した時に購入したものだから、もう17年経っている。

一昨年はエアコンが立て続けに故障し買い替えたのだが、やはり大型家電というものは一気に不具合が出るものなのだろう。

故障の原因は熱交換器の不良だという。

既に17年も経っているので交換部品はなく、買い替えざるを得ない。

幸いなことに冷凍庫と製氷機は無事だったので、クーラーバッグや発泡スチロールの箱などに保冷剤を入れ、先に書いた「冷蔵庫並みの冷え込み」の部屋に緊急避難し、当座はしのげている。

冬場の故障であったことは勿怪の幸いだった。

17年前当時の冷凍冷蔵庫は、冷蔵室と冷凍室それぞれに熱交換器が配されていたようで、両方ともいっぺんにダメにならずに済んだのだろう。

修理に来てくれた方の言によれば、今の冷凍冷蔵庫は共通の熱交換器を使っているので、故障すると両方とも使えなくなるのだそうだ。

省エネだとか発熱の抑制など、そうせざるを得ない理由はもちろんあるのだろうけれども、どちらか一方でも生き残ってくれているのはやはりユーザーとしてはありがたい。

そんなわけで冷蔵庫を買い替えた。

明日、配送される予定だ。

今までのタイプは中間に野菜室があったので便利だったが、新しい機種は一番下が野菜室。

いちいち屈まなくてはいけないのはかなりつらいが、それでも野菜室の容量は大きくなるので、まあ、やむを得ないところだろう。

身の回りの備品や什器類の経年劣化は着実にやってくる。

自分たちだけが年老いていると思いがちだが、年月というものは意外に非情な速さで通り過ぎていくものなのかもしれない。

雑記「番外編」


TOPへ