身辺雑記「綾に哀しき」

思いついたことどもを思いついたままに書き殴る、ほとんど意味不明の日記もどきです。まあ、そのうち意味を持ってくるかもしれませんが、よろしければお読み下さい。m(_ _)m


身辺雑記「綾に哀しき」過去の記録

2000年 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月) 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2001年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2001年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2002年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2002年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2003年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2003年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2004年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2004年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2005年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2005年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2006年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2006年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2007年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2007年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2008年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2008年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2009年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2009年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2010年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2010年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2011年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2011年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2012年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2012年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2013年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2013年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2014年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2014年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2015年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2015年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2016年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2016年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2017年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2017年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2018年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2018年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2019年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2019年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2020年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2020年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2021年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2021年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2022年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)

今月の雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2022/9/25

晴れ。

9月に入って、いくつもの台風が列島に押し寄せ、各地で甚大な被害が出ている。

直近の15号では静岡に豪雨被害が続出し、土砂崩れでやられた大井川鉄道は復旧の見込みが立たない状況だという。

私の住んでいる地域でも、14号では暴風雨が吹き荒れ、そのときよりは多少大人しかったものの15号でも大雨や雷雨が多発していた。

さらに、どうやらまた新しい熱帯低気圧が発生しているという。

この季節としては仕方がないことかもしれないが、このところ台風自体の勢力も強まっている印象があるし、気候変動の影響を無視はできないように感じている。

プーチン大統領のロシアは、予備役の徴兵を実施するのだそうだ。

囚人に、釈放などの報酬をちらつかせて兵士をスカウトする、ということもしているとのこと。

兵士不足のロシア軍は「刑務所で囚人をスカウト」 戦場に送られた3000人は全滅の異常事態 この冬に敗れる可能性

果たして、ロシア国内で戦争反対のデモが起こっているらしい。

これらのデモ参加者で拘束された人に軍への召喚状が渡されるのだそうだ。

なんだか、太平洋戦争末期の日本国内の状況を想起させる。

違いは、日本では大規模な反対デモなどは起きなかったことで、そういうデモを指導しそうな人たちは既に逮捕されるか憲兵などの監視下に置かれるか、または兵士として徴兵されて最前線に送られるかしていたのだろうけれども。

そう考えれば、今回のロシアの徴兵も、反対する人たちやその関係者を前線に送って始末してしまおうと思っているのかもしれない。

これまで、周辺の欧州諸国ではロシア人の受け入れに難色を示してきたそうだが、今回の動きの中で、ロシアから脱出しようとしている彼らをサポートしようという方向に舵を切っているそうだ。

中国の習近平にも見放されたのではないかと噂されるプーチン大統領。

核兵器の使用も辞さないと強気の発言をしているが、ウクライナの人々のそれを受けても断じて引かないというモチベーションの高まりは健在だと聞く。

宜なるかな。

身辺雑記「綾に哀しき」2022/9/21

曇り時々晴れ。

安倍元総理の「国葬」実施が迫ってきている。

「国葬」という、政教分離の原則に照らしても微妙なイベントに、各方面から疑義の声が上がっている中で、「総理大臣の職を最も長く務めたから」程度の理由で強行しようとする政府の姿勢は、我々のような庶民にとっても誠に度し難いものがある。

「国葬」だから宗教色は出さない、というのであれば、(安倍氏が何を信仰していたのか知らないが)故人にとっても遺族にとっても百%納得できるようなものでもあるまい(もちろんこれは私の「愚考」ではあるが)。

また、逝去に及んだ理由に鑑み、国内外からの要人に参列のための書状を出すということ自体に対して「如何なものか」という程度の議論は政府部内などでなされなかったのだろうか。

霊感商法をはじめとする詐欺的行為や信徒に対する多額の献金強要、合同結婚式にみられる自由意思の否定、日本の信者から集めた金を米国などの反共活動への支援に使う、など、様々な局面でいかがわしさが明るみに出ている宗教団体に深く関与し、そのために家族が離散し破綻したとの恨みを買っての受難。

既に海外からの要人出席者の名前も明らかになっているが、彼らはこうした事情や背景をどのように考えるのか。t

得意としていた外交面でも、トランプ氏に犬馬の労を誓う行動に出たほかにはこれといって目立ったものはないように思うし、自身は「ウラジーミル!」などと呼びかけつつ過度に近づいていたプーチン大統領との関係性についても、この度のロシアによるウクライナ侵攻では完全なだんまりを決め込む体たらく。

内政面では、消費税率引き上げなどの汚い部分を当時の民主党政権に押し付け、「アベノミクス」「三本の矢」などという株価上昇以外に大した効果も上げなかった(それも結局頭打ち)空疎な政策をことさら持ち上げながら、モリカケ問題や「桜を見る会」をはじめとする不透明かつ疑惑だらけの行動をとり、それに関する説得力のある説明すらしてこなかった。

野党をはじめとする追及に対しては、まったく意味不明の放言で煙に巻く。

官邸主導を標榜し、人事権を振りかざしながら政府部内からの意見すら封殺した。

こういう人間を「国葬」にしようとするのである。

果たして、自民党の中からも(村上誠一郎元行革相のように)欠席を表明する人が出てきた。

「安倍氏の業績が国葬に値するか定かではないうえ、国民の半数以上が反対している以上、国葬を強行したら国民の分断を助長する」「安倍氏は財政、外交をぼろぼろにし、官僚機構を壊したとの見方もあり、その責任は重い」という村上氏の欠席理由は尤もと思う。

税金が使われることが不快、という意見もあるが、問題は金だけではないと私は考える。

雑記「番外編」


TOPへ