身辺雑記「綾に哀しき」

思いついたことどもを思いついたままに書き殴る、ほとんど意味不明の日記もどきです。まあ、そのうち意味を持ってくるかもしれませんが、よろしければお読み下さい。m(_ _)m


身辺雑記「綾に哀しき」過去の記録

2000年 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月) 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2001年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2001年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2002年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2002年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2003年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2003年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2004年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2004年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2005年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2005年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2006年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2006年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2007年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2007年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2008年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2008年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2009年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2009年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2010年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2010年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2011年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2011年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2012年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2012年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2013年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2013年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2014年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2014年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2015年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2015年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2016年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2016年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2017年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2017年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2018年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月)

今月の雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2018/7/6

雨。

観測史上でも稀なほど早い梅雨明け宣言(なんと6月中!)が出された関東地方であるが、台風7号の影響などにより、まるで梅雨のような天気になっている。

四国や近畿地方などでは記録的な大雨に襲われ、この時期、梅雨などの長雨とは無縁と思われていた北海道が大雨による被害が続出。

異常気象は「北海道には梅雨がない」という、これまでの常識をも覆す虞がありそうだ。

この大雨も週末頃には落ち着くようだが、台風8号も発生しており、まだまだ予断は許さない。

雨などの悪天は、山登りにおいて大きなリスクとなりうる。

これは山屋なら身に染みて感じていることだろう。

山での遭難の原因は、恐らく「道迷い」がトップに来るものと思われる。

悪天はそのリスクを倍加させるものであり、風雨に晒されて道迷いで彷徨すれば疲労は激増し体温は低下し判断力も極端に鈍る。

厳しいルートの登攀や厳冬期であっても、無風快晴における遭難や事故はめったに起こらないものなのである。

こんな興味深い記事を見かけた。

山で道に迷ったら絶対に沢に降りてはいけない理由

書かれている内容は全く「ご尤も」としかいいようがない。

それでも万が一道に迷ったときの鉄則があります。最近は「この鉄則すら知らないのでは?」と思うケースも見受けられます。本当は学校の登山で教えて欲しかったその内容というのは、

「迷ったら引き返す」

「迷った時に沢に降りてはいけない」

というものです。おかしいなと思った時、元に戻れば正しい道に出ます。引き返すのが正解です。

これらが基本中の基本であることは、多少なりとも山に登り続けていく人にとっては常識であろう。

しかし、この中の特に「迷ったら引き返す」という原則は、意外なほど軽んぜられているのではないか。

つまり、もう一度登り返すのは面倒くさいし体力も使うから避けたい、下の方に林道らしきものが見えるし下っていけば何とかなる、という都合のいい思い込みが働くからなのだろう。

正常性バイアス…心理学用語で、「自分にとって都合の悪い情報」を無視したり、過小評価してしまう人の特性のこと。自然災害や火事、事故、事件などといった自分にとって何らかの被害が予想される状況下にあっても、それを正常な日常生活の延長上の出来事として捉えてしまい、都合の悪い情報を無視したり、「自分は大丈夫」「今回は大丈夫」「まだ大丈夫」などと過小評価するなどして、逃げ遅れの原因となる。(Wikipediaより抜粋)

「正常性バイアス」重い言葉である。

また、「迷った時に沢に降りてはいけない」というのも当然の対応で、迷うという状況下で何の対策も講じずに沢に降りるなどと云うことは、それこそ命を捨てに行くようなものだ。

本にある事例1のケースで遭難者は、おかしいなと思ったものの、戻るのは、「億劫だった」から、「小屋までもうすぐだろうから」と下って行きます。羽根田氏も「道迷い遭難に陥る、まさに典型的なパターンである」と記されています(以下、太字は全て「ドキュメント 道迷い遭難」〈羽根田治著/山と渓谷社刊〉からの引用です)。そして、やはり沢に降り滝に出てしまいます。流れに入りケガもしているので、滝に出た際には、戻ることもできない状況になっています。その時、遭難者は滝壺に飛び降りる決断をし、飛び降りてしまいます。

実際にこうした事故はかなり頻繁に起きているようだ。

沢の上には当然のことながら木が茂っていないのだから、その部分は藪が薄くなる。

従って歩きやすいと錯覚するのだろう。

だが、歩きなれていない人や疲労で判断力が鈍っている人にとって、沢の中は完全なる危険地帯となる。

滝に行く手を阻まれるのはもちろん、流れの中で転石に乗ったり石に付着している水蘚に足を滑らせたりして、負傷する可能性は相当に高くなってしまうのだ。

滝のクライムダウンも、これは私自身何度も経験しているので云えることだが、非常に難度が高い。

漠心は水圧によって使えるホールドが限られるし、脇の壁はたいていの場合ぬめっていて手足ともに確実なホールドをキープするのが難しく、外傾していれば下のホールドの確認もおぼつかなくなってしまう。

危険だと感じた場合は、すぐさま懸垂下降に切り替えるのがセオリーだ。

ただし私は、行動予定としてきちんと認識をしている状況での沢の下降は採り得る技術の一つであると考えている。

上のリンクにも書いたが、「沢の下降は、確実に入渓点に達する」のであり、どの枝沢を降りても必ず本流に合流するのであるから。

要するにここで問題すべきは、やはり「道迷い」という出発点にある。

道迷いの原因には様々なものが考えられるが、つまりは自分のいる現在地点がわからず、従ってどのように行動すべきか判断がつかない、ということなのだろう。

地図やコンパスや高度計を使えば、おおよその現在地を把握すること自体それほど困難なことではない。

今はハンディGPSの性能も飛躍的に上がっているとのことだから、装備とそれを使いこなす技術を持っていさえすれば、道迷いから抜け出せる可能性はかなり高いのである。

そんな恵まれた環境にありながら道迷いをするということは、つまり、そうした装備を持参していないか、持参していても使い方を習熟していないか、道迷いなど最初から考慮に入れていない能天気な心構えで山に登っているか、そんなところなのだろう。

心すべきは、山において、登りは体力で何とかなることが多いが、下りは技術であるということ。

先に書いた、沢の下降においても、岩場のクライムダウンや懸垂下降を含めた山の総合的な技術が身についていてこその話なのである。

山の中は全てが危険地帯なのであり、最終的に己の身を守ることのできるのは己自身であることを、改めて認識すべきだなと考えた次第。

雑記「番外編」


TOPへ