身辺雑記「綾に哀しき」

思いついたことどもを思いついたままに書き殴る、ほとんど意味不明の日記もどきです。まあ、そのうち意味を持ってくるかもしれませんが、よろしければお読み下さい。m(_ _)m


身辺雑記「綾に哀しき」過去の記録

2000年 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月) 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2001年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2001年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2002年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2002年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2003年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2003年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2004年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2004年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2005年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2005年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2006年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2006年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2007年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2007年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2008年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2008年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2009年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2009年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2010年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2010年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2011年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2011年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2012年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2012年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2013年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2013年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2014年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2014年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2015年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2015年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2016年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2016年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2017年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2017年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2018年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2018年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)
2019年 1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月) 7月(文月) 8月(葉月)
2019年 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)

今月の雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2020/1/9

晴れ後曇り。

通常の年なら今の季節は西高東低の冬型の気圧配置となり、太平洋側は晴天で冷え込むことが多いものなのだが、今シーズンの冬は天気が目まぐるしく変わる。

昨年は未曽有の台風や豪雨被害もあり、これも気候変動によるものなのだろうか。

今日は朝から快晴で、昼には気温が15度くらいに上がった。

風が結構強かったものの寒さは感じない。

なんだか非常に不気味だ。

このところ酒に弱くなったことを実感している。

大抵は家で夕食のときにビール系の飲料を350ml缶一本と、あとは清酒などを1合弱という感じなのだが、ごくたまに宴会などで量を飲むと、てきめんに翌日残るようになった。

下手をすると下痢や便秘のように、消化器系統へのダメージがくるようになってしまっている。

以前は仲間とわいわい飲むことが結構多くて、週に複数回そんなふうに痛飲したりしていた。

それが、連れ合いの体調が悪化した二年前を境に、どうもそんな気にもなれず、徐々に家で少量の酒を嗜む程度になってきた。

恐らくそれが、酒の弱くなった原因の大きなところなのだろう。もちろん63歳になってしまった年齢のこともあるだろうが。

尤もこれは、体のセンサーがきちんと信号を出してくれている故のことかもしれない。

いずれにしても暴飲暴食には何のメリットもないのだから。

違法薬物に関する話題を目にすることがなんだか多くなったように感ずるが、酒(アルコール)だって依存症を引き起こす毒物であることに変わりはない。

こんな考えさせられる記事があった。

小学5年から飲酒…19歳の少年がスナックで客を撲殺するまで

事件を起こした19歳の少年の行為には一片の理解の余地もないが、彼がこうしたことをしでかしてしまった要因は深刻なものだ。

家族を理不尽に奪われた遺族は、やり場のない怒りをぶつけた。

男性の長男は意見陳述で「一生許すことはできない」と少年への憤りを吐露。少年の父親にも厳しい視線を注ぎ、「幼少期からの飲酒をとめられなかったあなたは親失格だ」と声を震わせた。父親はただ、下を向くだけだった。

両親の離婚から不登校となり、小学校5年生くらいから飲酒が始まる。

「中学生のころはビール2〜3缶に泡盛の水割りを3杯くらい飲んでいた」というのだから、飲む量も大人並みである(今の私ならこれだけの量でアウトかもしれない)。

両親のみならず、この少年の周囲にいた大人たちは、誰も少年の飲酒を止めることなく「事件前日、知人の大人に連れられ現場のスナックで大量飲酒した」というのだから、結果として共犯といっても過言ではあるまい。

判決は「懲役5年以上8年以下」とのことだが、その期間で彼の飲酒癖は改善されるのだろうか。

飲酒が引き起こす恐ろしさに、改めて震撼した。

身辺雑記「綾に哀しき」2020/1/7

曇りのち雨。

南アルプス2020年になった。

テレビなどではことさらに「令和」を前面に出す傾向が強く、「去年の元旦は平成だったのに今年はいきなり令和二年になった」みたいな与太話がギャグとして取り上げられていた。

別にそんなことは珍しいことでもなく、大正も昭和も平成もそうだったのだが。

尤も、天皇の死去によって元号が変わったのは、近年(?)では大正・昭和・平成に限られていたわけだから、生死に関係なく元号が変わったという意味では、それをことさらに取り上げるのもテレビ的にはありなのかもしれないが。

年末年始は生家に帰省していたのだが、積雪もなく冷え込みもさほど厳しくない、その意味では穏やかな年越しだった。

自宅に戻ってから、快晴の日の午前中に近くの高台にある公園を訪れると、狙い通り富士や丹沢山塊などがきれいに望めた。

大室山らしき山の右わきに見える白銀の峰は、恐らく農鳥岳と間ノ岳だろうと思う。

丹沢と富士この場所から南アルプスの山並みが見えることを教えてくれたのは、亡くなった連れ合いだった。

元気だった頃、仕事を辞めてから、自宅の周辺をくまなく探索し、その中で見つけたスポットだといって、誇らしげに報告してくれたことを思い返している。

こんなに身近なところから南アルプスが望めたことには私もさすがに驚き、「でかした!」などといってほめたたえたものだった。

昨年、年賀欠礼のはがきを出したところ、慰めやいたわりのお手紙と電報そしてメールなどが数通届いた。

年賀状も数通届き、欠礼のはがきを出し忘れたか、と慌てて調べたところ、出してあることがわかり、恐らくは手違いだったのだろう。

連れ合い宛に届いた年賀状も数通あり、これは私がきちんと把握できていなかったことによるもの。これについては早速お礼とお詫びの手紙を出した。

手違いとは云い条、年賀状が届いたのは何となく嬉しかった。

それでなくても、昨年の今頃のことを思い出すと胸が苦しくなるので、どのようなかたちでも、こうして手紙が届くのはありがたいものだ。

個人における連絡ツールは、今や、メールすらも面倒くさがられるようになり、LINEなどのSNSがとってかわっているらしい。

年賀状の投函数もだいぶ落ちているそうで、もはや信書によるやりとりは過去の遺物となりつつあるのかもしれない。

そんな中で、こうして手紙やはがき(年賀状を含む)が送られてくるのはやはりうれしいもの。

何とか廃れることのないように祈りたいところである。

ところで、去年の今日、連れ合いは、それまで入院していた緩和ケア病棟から退院し、自宅に帰ってきた。

それから十日間という短い間ではあったが、自宅で一緒に寝起きをし、ともに過ごすことができたのは、今思えば本当に幸いであった。

雑記「番外編」


TOPへ