2024年5月20日更新

ようこそお越しくださいました。山登り岩登りの記事を中心としたささやかなサイトです。(^^;

標題をクリックして頂くと更新履歴に跳びます。

なお、断るまでもないことですが、リンクはご自由になさって下さい。


サイト内検索

AND OR


最新記事→八ヶ岳・西岳登山入笠山登山7/12


身辺雑記(最新)これまでの身辺雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2024/5/20

曇り時々晴れ。

五月も中旬を過ぎ、このところ例年のこととなっているが気温が上がって夏日になる日が続出している。

八ヶ岳山麓の私の家でも、信じがたいことではあるが25度近くまで気温が上がることがあり、かなり驚いているところだ。

その割には荒れる日もあったりして、瞬間的だが八ヶ岳が雪化粧をすることもある。

こういう時はきっと遭難者が出たりするのだろうなと、少々気が重くなってしまう。

というのも、今シーズンはこれまでかなりの数の山の遭難者が出ているようで、毎度のことながら暗澹たる気持ちにさせられるのである。

こんな記事もあった。

「怖くて立てない」閉山中の富士山で外国人登山客が悲鳴 救助した登山家が軽装備に苦言「危なすぎる」

四月から五月にかけての富士山は、気温の上下が著しいこともあって非常にたちが悪い。

積雪期に登るのであれば、私の経験上では三月末あたりが最も雪質も安定していて事故が起こる確率も低いように思う。

翻って五月あたりは、下界では夏日になるような気温の影響を受け、富士山の残雪も日中は腐ってその意味では登りやすくなるのであるが、いったん陽が翳ったりすると途端にクラストして始末に負えなくなる。

「この時期の富士山は日中に晴れて暖かくなったら雪が柔らかく登りやすいが、午後になって太陽が当たらなくなったり、天気により気温が下がるとアイスバーンになることがあるので、今回のような装備で来てはならない、危なすぎる、ということを何度か話しました。外国人はわかったと言って少し落ち込んでいました」

「今回のような装備」というのは、チェーンスパイク程度の滑り止めで、アックス(ピッケル)すら持たない、というようなもの。

考えられない迂闊さである。

海外からきて、きちんとした知識もなく、「世界遺産だから」と気軽に積雪期の富士山に登る。

積雪期の富士を登ったことのある我々にとってみれば、信じられない軽挙妄動としかいいようがない。

ただ、外国人が、きちんとした知識もなく勝手に登ってひどい目に遭うのは、まあ自業自得といえるのではないかとも思うが、次のような深刻な影響が出るのは勘弁願いたい。

「人命が何よりも優先なのはもちろんですが、雪の時期の富士登山者の事故が増えて規制が強くなったりすると、海外の高所登山を目指す日本のクライマー(登山者)たちにとって、国内唯一の高山トレーニングの場(富士山)が使えなくなくなってしまうかもしれないので、そうならないで欲しいと思っています」

冬季の富士で、寒冷地登山における基礎的なトレーニングを経験した人はかなりの数に上るだろう。

実際、これほどうってつけの山はないと私も感じている。

それに何よりも、冬富士の神々しいばかりの美しさは言葉を失うほどだ。夏の有象無象がわんさか押し寄せる汚らしい土くれの山とは段違い。

仮に登山規制が強化されて、冬季の富士登山が禁止となれば、どれほど多くの岳人が衝撃を受け落胆することか。

それだけは何としてでも回避してほしいと願わざるを得ない。





address