2017年8月17日更新

ようこそお越しくださいました。山登り岩登りの記事を中心としたささやかなサイトです。(^^;

標題をクリックして頂くと更新履歴に跳びます。

なお、断るまでもないことですが、リンクはご自由になさって下さい。


サイト内検索

AND OR


最新記事→八ヶ岳・西岳登山入笠山登山7/12


身辺雑記(最新)これまでの身辺雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2017/8/17

曇り時々雨。

8月に入ってからこのかた、首都圏では毎日雨が降っている。

これは1977年以来の椿事だというが、その頃すでに東京で暮らしていた私にその時の記憶はない。

いずれにしても、気温が低い割には湿度が高いため、じめじめとした蒸し暑さからは解放されず、実に嫌な天候が続いている。

高齢者はもとより、若い世代でも体調を崩す人が続出しているそうだが、さもありなんというところか。

くれぐれも体調管理には気を付けたいものである。

8月は、先の大戦による悲劇を振り返る季節でもあり、テレビなどの放送でも様々な特集が組まれる。

そんな中、NHKスペシャルによる、8月15日放映の「戦慄の記録インパール」と8月13日放映の「731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜」は、特に目を引いた。

インパール作戦」は、歴史上稀に見る無謀な作戦として有名であり、投入された約86000人の兵力のうち生還したのは1割程度といわれている。

戦死者・戦病死者として把握された人以外に膨大な行方不明者もおられ、未だにその損耗の全貌は明らかになっていない。

この放送では、新たな資料の紹介とともに現地での取材を敢行し、巻き込まれた住民の方々の証言も紹介している。

住民たちの日常の暮らし向きさえも苦しい中にもかかわらずそこから牛や食料を供出させ、しかも山岳を越えるのには全く適さない牛たちのほとんどを行軍中に失った。

物資を輸送するためのトラック。それが通行できる道がなかったことから、これを分解して人が担いでいくという信じられない倒錯。

非道な扱いを受けたのにもかかわらず、当時を知る現地の方々が静かに語る姿が印象的だった。

指揮官だった牟田口廉也中将に関しては、正に云うべき言葉を持たない。

リンクはアンサイクロペディアからだが、wikiとの違いは、牟田口を「連合国のスパイ」と仮定している点のみである。

牟田口が、東京裁判をはじめとする連合国側の軍事法廷において責任を追及されることなく放免されたのもそのため、という下りは秀逸なブラックジョークというべきか。

この「指揮官」に関してこれ以上記すのはどうにも胸糞が悪いので、詳細については上に掲げたリンクを参照されたい。

731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜」の方はさらに見ごたえがあり、1949年にソ連で開かれた軍事裁判「ハバロフスク裁判」の音声データの公開は衝撃的ですらあった。

正に第一級の資料であり、これを入手し放送したNHKの努力には満腔の快哉を叫びたい。

ペスト・コレラ・パラチフスなどの細菌感染や凍傷に関する人体実験の内容、そして病原菌を中国本土にばらまくための爆弾製造や井戸や貯水池などといった水源への投下など、悪魔の所業としか思えない行為が次々と画面に展開される。

それらを実行したのは、京都帝国大学(11名)や東京帝国大学(6名)を中心とした大学などの研究機関から派遣された優秀な医学者たちであり、それも、極めて単純化すれば高額な研究費つまりカネのために手を染めた、ということなのである。

放送によると、研究者個人あたり現在の貨幣価値で500万円相当の報酬が支払われたとのことであり、弟子たちを731部隊に送った教授たちの中には2億5000万円にも及ぶ研究費を得ていた例もあったようだ。

部隊長であった石井四郎氏自身が京都帝国大学出身であり、各大学医学部との関係も非常に深いものがあったことから、その人脈と軍から支給されるカネの力で多くの人材を引っ張ったということなのだろう。

先にあげた証言の中にもそのくだりがあった。

「確実な数字はただいま記憶しておりませんが、だいたいの数字を申しますと、昭和15年度におきましては、だいたい1000万円(現在の金額で約300億円)に近い予算が使われておったように記憶しております」(731部隊第一部〔細菌研究〕部長・川島清)

そして、731部隊関係者は、戦後、こうした人体実験や細菌戦遂行を理由に裁判等で裁かれることはなかった。

実験結果を連合軍(主に米国)に提供することと引き換えに訴追を免れたことが明らかとなっている。

訴追を免れたどころか、酸鼻を極めた凍傷実験の実行者である吉村寿人氏(京大医学部講師より派遣)が最終的には京都府立医科大学学長を務める医学会の重鎮となった等、戦後の日本の医学界においてそれぞれ活躍の場を持つことになるのである。

ミドリ十字と731部隊との深い関係などは、その顕著なひとつなのだろう。

この放送において改めて考えさせられたことの一つは、軍事開発と科学研究の関係についてである。

防衛省が2015年度から始めた「安全保障技術研究推進制度」によって軍学共同研究の道が開かれようとしている。

日本学術会議では、当面これに対する反対意見を採択しているが、研究費がひっ迫している大学では「背に腹は代えられぬ」という状況なのかもしれない。

731部隊の問題は決して過去のものではないのである。

(軍民両用が)可能になったのは軍からの開発資金が豊富にあったためで、最初から民生品として開発できていれば、わざわざ軍需品を作る必要はないのである。これまでの例は、あくまで軍事開発の副産物として民生品に転用されたに過ぎない。要するに巨大な軍事資金が発明を引き起こしたのであって、戦争が発明の母であったわけではないことに留意する必要がある。(名古屋大学名誉教授・池内了著『兵器と大学 なぜ軍事研究をしてはならないのか』岩波書店)

この言葉をもう一度かみしめるときがきているのだろうか。





address