2021年1月21日更新

ようこそお越しくださいました。山登り岩登りの記事を中心としたささやかなサイトです。(^^;

標題をクリックして頂くと更新履歴に跳びます。

なお、断るまでもないことですが、リンクはご自由になさって下さい。


サイト内検索

AND OR


最新記事→八ヶ岳・西岳登山入笠山登山7/12


身辺雑記(最新)これまでの身辺雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2021/1/21

晴れ。

このところ冷え込みが厳しい日が続いたが、今日はそれも少し緩んでいる。

週末にかけてまた冷え込む予報だが、陽も長くなってきていて春の訪れも近いことだろう。

昨年末、マイナンバーカードを作った。

昨年から退職年金が支給されるようになり、それに伴う確定申告が必要となってきたからだ。

これまでにも医療控除の関係から確定申告をしてきたが、今後は必ず行わなければならないわけで、なるべく手間をかけずに実施したいと思ったからである。

というのも、申告書を作って税務署に持ち込むのはやはり結構な手間がかかり、それでは郵送をと思いつつも、かなりの関連書類を作成・印刷しなければならず、正直に言ってうんざりしていたことも大きかった。

もちろんマイナンバーカードだけでこうした手続きが出来るわけもなく、まずはカードのリーダライターが必要となる。

散々迷ったのだが、製品自体は古くても安定していて価格も手ごろなSONYのPaSoRiにした。ちょうどAmazonポイントがたまっていて都合が良かったこともあるが。

さて、送られてきた製品のセットアップガイドによると、環境によってはUSBに接続するだけでドライバがインストールされることもあるそうだが、残念ながら私の環境ではそうはならず、PaSoRiのサイトから関連ソフトをダウンロードする必要があった。

インストールにちょっと時間がかかり、少々不安になったが、とりあえずそこはクリア。

そのあとにNFCポートの自己診断を行ってセットアップを完了する必要がある。

それから、e-Taxで使えるようにセットアップをしなければならないのだが、これが結構面倒だった。

まず、公的個人認証サービス(JPKI)から、利用者クライアントソフトをダウンロードしてインストール。

それからデバイスをセットアップし、使えるようにしなければならない。

e-Taxで利用できるようにするため、国税電子申請・納税システムにアクセスして必要なソフトをダウンロード。

その上で、利用者登録をする必要があるのである。

これがかなり面倒で、基本的な登録を済ませた後、個別の確定申告を行うために同じような登録作業をすることになった。

個人的には「なんで重複する登録を強いるんだよ!」と思ったのだが、セキュリティ確保などの観点からやむをえないということなのだろうか。

いずれにしても、初期設定までで疲れてしまい、肝心の確定申告データの入力は後日とする。

まあ、これまでも確定申告書類はWebで作ってきたので、あとはたいしたこともなかろうとは思うが。

それにしても、私が今回マイナンバーカードを使ってネット上での申告に切り替えようと思ったのは、なんといっても年金に関する手続きに対応するためである。

今回の事前設定までに、小一時間はかかったと思う。

年金が支給される人たちは60歳代の半ばくらいからだろう(私もその年代だが)。

そういう人たちがネットを使って申告をしようとする場合、果たして問題なく対応できるのだろうか。

私自身、もちろんそれほどPC環境に習熟しているわけではないが、多少の知識はあった。だが、そうしたことからほとんど無縁の人たちがe-Taxを使うということはかなりハードルが高いようにも思う。

東電から、今後は電気使用料もネットでの確認に移行するという連絡が来た。

世の中が、効率性の向上や無駄な手続きを廃止するためにペーパーレス化すること自体、これはやむをえない流れだろう。

だが、この流れに乗り遅れてしまう人たちもきっと数多く存在する。

ある意味での分断が起こりうる可能性を私は否定しきれない。

世の中の全ての人がストレスフリーでWebにアクセスできるわけではないのだから。





address