2018年2月14日更新

ようこそお越しくださいました。山登り岩登りの記事を中心としたささやかなサイトです。(^^;

標題をクリックして頂くと更新履歴に跳びます。

なお、断るまでもないことですが、リンクはご自由になさって下さい。


サイト内検索

AND OR


最新記事→八ヶ岳・西岳登山入笠山登山7/12


身辺雑記(最新)これまでの身辺雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2018/2/14

晴れ。

三寒四温というわけでもなかろうが、寒暖の差が激しい。

雪のピークはようやく治まりつつあると云うが、都内でもそこかしこに残雪はあるし、厳しい冷え込みゆえにそれらが凍結していて、視覚的にも春の訪れを遠いものに感じさせる。

一方では陽がだいぶ長くなってきた感があり、朝も6時過ぎには白々と夜も明け、夕方も17時半近くまで明るさが残るようになった。

そうなるとそろそろ花粉の季節となるわけで、毎度のことながら憂鬱ではある。

ネットにおける「エゴサーチ」、やってみた人もかなりあると思うが、芸能人にとってこれはある種の踏み絵になっているのだろうか。

逃れられない芸能人の宿命、エゴサーチとのそれぞれの向き合い方とは?

「さかなクン」の事例は実に度し難いもので、そんなにうるさいと思うのなら見なければいいじゃないか!と思ったりする。

だいたい、自分が匿名で書き込みや発言に対して追及される虞がないのをいいことに、あれやこれやと感情的な罵詈雑言を書き付けること自体、ネット住民と称される輩の民度が知れるというものだ。

いかな人気商売とは云え、こういう輩の戯言にも付き合わざるを得ないとは、芸能人や著名人は本当に大変だと思う。

近頃は一般人でも、ブログやSNSに投降した記事を巡ってネットで叩かれることが多くなってきているそうだから、いわゆる一言居士とか小言幸兵衛がネット上で爆発的に増殖しているということなのだろう。

しかし、人気商売としては、やはり気になることでもあるのだろう。

エゴサーチに関しては、芸能人の中でも対応が分かれているようだ。

一方、昨年放送されたクリープハイプの尾崎世界観がゲスト出演した『アウト×デラックス』(フジテレビ系)では、SNSに納得いかないこと書かれていると、ラジオでストレスを発散しているという尾崎世界観に対しマツコ・デラックスが「(エゴサーチは)全然やんない。多分見ても、あたしのことを書くって本当に時間の無駄だと思うんですけど、何とも思わないの。ここまで上がってきてから勝負しろって思うから」とコメント。マツコや前田敦子、坂上忍らは自分の利益にならないものは見ないという考えのもと「エゴサーチはしない」と明言している。このあたりはエゴサーチから一歩距離を置いた存在だろう。ネットが荒れれば荒れるほど、今後こうした"一線を引く"タレントは増えていくと思われる。

私個人としては、こういう冷静な対応が一番いいような気がする。

特に、マツコ・デラックスの「ここまで上がってきてから勝負しろって思うから」というコメントはさすが!だ。器が違うね。

匿名でSNSあたりに悪口コメントを書いて、日頃の鬱憤を晴らしているような連中に、貴重なエネルギーを割く必要など皆無だろう。

尤も、それを逆手にとって自分のギャグにつなげようとしている芸人に対しては、素直に脱帽する。

それでこそ「芸人」だ!

頑張って欲しい。





address