2020年5月11日更新

ようこそお越しくださいました。山登り岩登りの記事を中心としたささやかなサイトです。(^^;

標題をクリックして頂くと更新履歴に跳びます。

なお、断るまでもないことですが、リンクはご自由になさって下さい。


サイト内検索

AND OR


最新記事→八ヶ岳・西岳登山入笠山登山7/12


身辺雑記(最新)これまでの身辺雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2020/5/11

晴れ。

初夏のような気温となった。

それでもそれほど湿度が高くないせいかすごしやすい。

今日は、久しぶりに出社した。

緊急事態宣言が延長されたこともあって、基本的に出社は禁止で在宅ワークとなっているのだが、さすがにいくつかの資料が必要となったのでやむをえない。

ひと月半ぶりの電車だったが、思った以上に乗客は少ない。

ソーシャルディスタンスを守る取り組みが功を奏しているのか、乗客は最低でも一人分のスペースを空けて座っている。

知人同士でもそれを徹底している人たちがおり、ちょっと感慨深いものがあった。

会社最寄駅の地下道は、いつもの混雑振りがうそのよう。

10人程度しか人を見かけないような気さえする。

地上に出てみるとドトールも休み。

人通りは極端に少なく、港区とはとても思えない。

しかし車はかなり出ており、公共交通機関を忌避する人々が自動車を利用しているのだろうか。

出社していた社員は5名程度で、必要なところしか電灯がついておらず非常事態であることが否が応でも感得される。

とりあえず必要な書類を分類し、名刺や打ち合わせメモなどを持ち帰ることとする。

帰宅途中でラーメン屋に入る。

ラーメンを食べるのはいつ以来だろう。二年以上は食べていないのではないかと思う。

尤もラーメン屋どころか外食そのものが久しぶりだったのだが。

勤め人のかなりの部分が蟄居状態だと聞くが、こうして都心に出て行くと、そんな中でも仕事をしている人たちが数多くおられることを実感する。

医療関係者や警察・警備関係、交通機関に従事している人たち、流通業、スーパーやコンビニなどの従業員、飲食店、区役所などの公共機関の職員などなど。

テレワークだのWeb会議だのと嘯き、在宅での仕事が最先端だなどと得意げに語る向きもあるようだが、ネットの環境がどれほど進もうとも、絶対に人の手を借りなければなりたたない仕事は存在する。

通販でたいていのものが購入できるこのご時世であるから、ほとんど外出することなく用が足りてしまうのも事実かもしれないけれども、各家々にそうした物品を配達してくれる人たちがいてこそのこと。

そうした方々が支えてくださっているからこそ、不安はあれども私たちの生活はぎりぎりのところで持ちこたえているのではないだろうか。

感謝の気持ちを忘れてはならない。

改めてそれを痛感した。





address