2018年6月19日更新

ようこそお越しくださいました。山登り岩登りの記事を中心としたささやかなサイトです。(^^;

標題をクリックして頂くと更新履歴に跳びます。

なお、断るまでもないことですが、リンクはご自由になさって下さい。


サイト内検索

AND OR


最新記事→八ヶ岳・西岳登山入笠山登山7/12


身辺雑記(最新)これまでの身辺雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2018/6/19

晴れ。

梅雨が本格化してきた。

先週の末から、気温は20度前後となり、空には梅雨空の雨雲が張り詰めている。

それでも今日は晴れ間が出て、梅雨の中休みとなった。

外国人の就労に関する規制を大幅に緩和するという政府の方針が示された。

日本という国の閉鎖性を見直すうえでは結構な試みではあろう。

ただ、その大きな理由の一つが「深刻な労働力不足」にあるというのは何だか納得がいかない。

私の周囲を見渡しても、ごく普通の能力を持っている人が、きちんとした就職先を見つけられずに困窮する例が散見される。

特に正規雇用の事務職は厳しく、中途採用者にとっては全くの狭き門であろう。

つまり、政府が述べている「深刻な労働力不足」というのは、就労先の偏りなのであり、需要と供給のミスマッチングによって引き起こされているようにも思える。

労働者不足といわれる分野は、例えば、労働単価が安く雇用調整もしやすい非正規雇用や派遣業か、介護職などの低賃金・高負荷業種か、あるいは高度な知識と経験を問われる専門職などにおけるものといえるのではないか。

そういう現状が透けて見えてきているからこそ、一時期は東南アジアの国々から憧れの目で見られていた日本での就労も、かつてほど魅力的な対象ではなくなっているとも聞く。

当然のことだろう。

ワークシェアリングやフレックスタイム制など、育児や介護などの関係で柔軟な勤務体制が必要となる労働者のメリットとなるかもしれない試みも、結局きちんと根付いているようには見えず、畢竟、雇用主にとって都合のいい人材を確保することのみに主眼が置かれているようにも感ずる。

正規雇用から落ちこぼれてしまった人に対して、「努力が足りない」「世の中を甘く見ている」などといった批判もかなりあったりする。

しかし、病気や介護などの要因でひとたび正規雇用の枠組みからドロップアウトしてしまうと、そこから這い上がるのは相当に難しいことも確かだ。

「生存者バイアス」という言葉が、市場経済第一主義の世の中を背景に跳梁跋扈し、過酷な競争の中で勝ち残った者の言葉や生き方こそが正しい、という風潮が世の中を席巻している。

様々な事情で「頑張ることができない」人も世の中にはおり、そうした人も含めて社会は成り立っている、という、人間社会の根本に立ち返って考えることが、今のような時代だからこそ重要なのではないか。

雇用主の都合ばかりを考えて、単なる弥縫策のような形で外国人労働者の受け入れを緩和する行き方に、私は何だか嫌な違和感を捉われてしまう。





address