2017年6月19日更新

ようこそお越しくださいました。山登り岩登りの記事を中心としたささやかなサイトです。(^^;

標題をクリックして頂くと更新履歴に跳びます。

なお、断るまでもないことですが、リンクはご自由になさって下さい。


サイト内検索

AND OR


最新記事→八ヶ岳・西岳登山入笠山登山7/12


身辺雑記(最新)これまでの身辺雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2017/6/19

晴れ。

昨日は久しぶりの雨天だったが、今年の梅雨は今のところ空梅雨の傾向にあるようだ。

雨が降らないのは通勤などが楽になるので個人的にはありがたいのだが、この時期の降水量が少ないのは農作物への影響や水源地の渇水など深刻な事態を招きかねず、やはり不安感は募る。

このところ、将来に対する不安感を募らせるようなことが度重なっているが、次のような事例はかなり深刻な問題かもしれない。

「60代のひきこもり」が増えている

親の想いを忖度すれば、誠にやるせない気持ちになる。

子供に重篤な障碍などがあって自立ができないのであれば、これは公的にきちんとサポートすべきと思うが、そうした顕著な理由がなく引きこもっている場合はどうなのだろうか。

私のご相談者の中には、お子さん側がすでに60代に入られたケースが何例も出てきています。50代のご相談者は、もう珍しくありません。ご相談者の親御さんの年齢が80代というケースも増えていて、中にはすでに「親亡き後」へ突入している人も出てきています。ひきこもりの高齢化は、待ったなしの状態になってきているのです。

ひきこもりのお子さんが高齢化すると、「就業は絶望的であり、お子さん自身の生活設計など立てられない」と考えるのが一般的かもしれません。しかし、「早めの対処・対策」を立てることによって、親も子もサバイバルすることは可能です。

さらに、「働けない状態のお子さんが複数いる」というケースの相談も増えているとのことだから、これは本当に厳しい。

縁起でもない話ではあるが、親御さんが亡くなってしまったあと、こうした「働けない子供」はどうすればいいのか。

最終的には生活保護を受給するしかないのかもしれないが、そもそも引きこもって社会とのつながりを絶っている人間に、そうした窓口との交渉ができるとはとても思えない。

働くということは、啻に生活の糧を得ることのみならず、社会の中における自身の立ち位置や存在をしっかり確認するということでもある。

それ自体を忌避してしまっていては、この「働けない子どものお金を考える会」の方々がどのように頑張っても、ある種の徒労に終わる虞なしとしない。

この記事からは、そうしたサポートをなさる側の人たちの焦りがひしひしと伝わってくる。しかしそれ以上に親御さんの焦燥感は相当なものだろう。

こうした事例における親御さんは「こんな子供に育ててしまった」という悔悟の気持ちが相当に強いと思われるので、サポートを買って出てくれる人たちに対しても、丸ごと頼ることは心情的にできないのではないか。

そのような葛藤の中で荏苒と時を過ごしているうちに抜き差しならない状況に追い込まれているのだろう。

私たち夫婦には子供がおらず、その意味では将来に対する不安も相当に大きい。

しかし、このことについてある先輩から云われた言葉が耳朶に蘇る。

君は「子供がいないので将来が不安だ」というが、子供がまっとうに育ってくれるかどうかはわからないのだ。

私のところでは、30歳を超えた息子が未だに就職もできずに家にいる。娘も定職には就けず、非正規雇用だ。

結局、私の収入で何とか生活をしている状況なのだが、私はもうじき職場をリタイヤしなければならない。

自分たち夫婦だけならどうとでもなるが、子供がこんな状況ではどうしようもない。

こんなことを云うと君は反発するかもしれないが、私に云わせれば子供のいない君がうらやましいよ。

愕然とした。

先輩は、「自分の育て方が悪かった」としきりに悔み嘆いていたが、小さな頃に一緒に遊んだこともある息子さんの可愛らしい姿が私の記憶の中に蘇り、返す言葉に窮したのだった。

一番気になるのは、当の(引きこもりなりニートになっている)子供たちの想いだ。

彼らはこうした事態(親がいなくなって収入が途絶えたあとのことなど)をどのように考えているのか。

世の中には、襲いくる様々な葛藤をひたすら身を縮めてスルーしそれが通り過ぎるのを待つだけ、という人間が少なからず存在する。

私の周辺にもそういう人間が嘗ており、交渉ごとの矢面に立つ仕事を任せることはできず、必然的にドロップアウトしていった。

組織においてはいわば「負け組」なのに、不思議にそういう御仁に限って憂愁などは感じていない。

それである程度の生活費が賄えるのであれば、ある意味羨ましいことであり、私個人としてはそういう存在になること自体とても耐えられそうもないが、案外開き直ってしまうと楽なのだろうか。

あくまでも生活が破綻しなければ、の話なのだろうが。





address