2020年7月31日更新

ようこそお越しくださいました。山登り岩登りの記事を中心としたささやかなサイトです。(^^;

標題をクリックして頂くと更新履歴に跳びます。

なお、断るまでもないことですが、リンクはご自由になさって下さい。


サイト内検索

AND OR


最新記事→八ヶ岳・西岳登山入笠山登山7/12


身辺雑記(最新)これまでの身辺雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2020/7/31

曇り時々晴れ。

7月も今日で終わり。

今月は、コロナ感染の激越な広がりと活発化した梅雨前線による各地の豪雨被害に明け暮れた、本当に稀に見るひどい月となった。

豪雨被害に対するボランティア活動は、コロナ禍の中で広がりを見せることは出来ず、現地もボランティアもお互いに切歯扼腕しているさまが痛ましい。

コロナ感染者数も増加の一途をたどり、東京都の感染者数は463人とこれまでの最多。

医療現場の逼迫は目睫に迫っているような嫌な感じがしてならない。

台湾の李登輝元総統が亡くなった。97歳。

台湾民主化の礎を築いた偉大なる指導者であった。

本島人として始めての総統に就任し、それまで中国的な支配が蔓延していた台湾の民主化を進めた功績は、現在の台湾のありようをみれば歴然であろう。

李登輝さんは、当時の日本国支配下であった台湾出身であり、京都帝国大学でも学んでいたことから、いわゆる「親日家」としての評価が根付いている。

実際、生前の李登輝さんもそうした観点での発言が数多く見受けられたことから、訃報を告げるニュースもその方向での取り上げられ方がほとんどだった。

そのことには無論異論はないが、台湾に対する日本の態度ということになると、どうも私などは納得できかねることが多い。

私は一度だけだが台湾を訪れたことがあり、屋台などでのお年寄りが日本語をきちんと解していてくれて、私たちを快く歓待してくれた感動を思い出す。

その態度には全く裏表などはなく、とにかく日本からわざわざ来てくれてありがとう、昔日本統治下だったときはこんな感じだったと、ニコニコしながら話してくれたものだった。

私は危うく、日本の統治下だった台湾はそれなりに成功した事例だったのかもしれない、などと思いかけたのだが、無論そんなことはない。

例えば、広津和郎さんの「年月のあしおと」などを読めば、当時の日本人が、台湾の人々に対してどれほど尊大で無礼な態度をとっていたのか如実に分かる。

もちろん、インフラ整備などにおいて大きな功績を挙げたすばらしい日本人もいたのは事実だが、日本本土内の食い詰め者が大挙して押し寄せたこともまた事実であり、そういう連中が犯した無法は恐らく相当の数に上ることだろう。

それゆえに、李登輝さんの、日本に対する愛情の表明に接するたびに、私は言いようのない恥ずかしさを感じてしまうのである。

李登輝さんの訃報に関して、中国では彼を誹謗するような評価が続出しているようだ。

中国の分断に加担した、みたいないいかただが、そもそも台湾が歴史上中国の一部だと考えることそのものがおかしい。

中国共産党は、自分が追い落とした蒋介石が落ち延びた先を中国の一部としているわけでずいぶん都合のいい解釈をしているとしか思えないが如何。





address