2020年2月26日更新

ようこそお越しくださいました。山登り岩登りの記事を中心としたささやかなサイトです。(^^;

標題をクリックして頂くと更新履歴に跳びます。

なお、断るまでもないことですが、リンクはご自由になさって下さい。


サイト内検索

AND OR


最新記事→八ヶ岳・西岳登山入笠山登山7/12


身辺雑記(最新)これまでの身辺雑記

身辺雑記「綾に哀しき」2020/2/26

曇り時々雨。

小雨の降る肌寒い日となった。

先日、沈丁花の花が咲き始めているのを見て、もうそんな時期なのかと、しみじみ感じている。

昨年、連れ合いを亡くしてから、また今年に入って父を亡くし、周囲の風景がグレースケールのように見え、生命の躍動のようなものを実感しがたくなっていたこともあり、この沈丁花の花には何だか心を打たれた。

「命」というもののかけがえのなさに、改めて感じ入った、というところか。

そういう心持の中で読む、次の記事はあまりにも悲しい。

心愛さん叫ぶ動画「許せよ。家族に入れろ」法廷に流れる

被告である父親は、行き過ぎたしつけで結果として栗原心愛(みあ)さんの命を縮めたことを詫びているようだが、虐待や殺害の意図はなかったと供述しているそうだ。

被害者である心愛さんが亡くなっている以上、事実として生命を危機に陥れる暴行が行われたのかどうかを具体的に証明することが難しく、被告が故意による虐待や暴行を認めていないことから、問うことができるのは傷害致死罪くらいではないかとの見方もあった。

被告からDVを受けていたとされる母親の証言や、被告の妹(叔母)による心愛さんの体に刻みつけられていた傷や痣や頭髪の抜けなど具体的な暴行の痕跡などから、被告の行為が徐々に明らかにされてきているときに、この動画はかなり重い意味を持つのではないか。

8月27日午前0時半ごろの動画では、廊下に立ち続け、「お願い、お願い、苦しいよ。死んじゃいそうだよ」と訴えている。夕方の動画では「ご飯を食べていない」と祖父母に伝えると泣きながら話す心愛さん。「(祖父母の家は)俺の家なんだから勝手に入るな」とやりとりする被告の声が流れた。

被告が心愛さんを浴室に立たせ続けるなどしたとされる19年1月5日ごろの動画では、被告が「全部お前のせい」などと言い、「嫌だー」と泣き叫ぶ心愛さんを浴室に引っ張っていく様子が記録されていた。この約20日後に心愛さんは死亡した。

親子など肉親関係における「しつけ」の名を借りた暴行や虐待に起因する死亡事件を殺人罪で裁くことはかなり困難だという。そこに殺意が明確にあったことを証明することが難しいからであろう。

従って、本人の自供が決め手となるのだろうが、この事件でも明らかなように、下手人がそれを認めることはほぼない。

とすれば、結果として傷害致死罪くらいしか課すことができず、刑期も「三年以上の有期刑」となっていることから、長くてもせいぜい10年から15年。心情的にはやりきれない気もするが…。

それにしても、被告はなにゆえにここまで行ってしまったのか。

実子が生まれたことにより、連れ子だった心愛さんが疎ましくなった、などという見解もあったが、どうも首肯しかねる。

被告の妹によれば「(このころ被告は)心愛を私や母の部屋で寝かせてくれと頼んできたこともあった。ストレスや疲れがあったと思う」とのことだが、借金に追われ家を転々とし、実家からの援助も受けていた自分に対するやるせなさのはけ口が心愛さんだった可能性もあるのか。

父親(心愛さんの祖父)も「勇一郎のしたことは人間として許されることではない。できればもう縁を切りたい。本当のことを全て話し、司法によって処罰されるべきだ」と言われてしまう。

子供をきちんと育て、傍からも良い家族だと認められたかった、そんな願いがあったという話も伝え聞く。

理想と現実のあまりに大きなギャップに己の精神が耐えられなくなり、それを埋めようとして自分よりも弱い立場の人間に牙を剥く。

そんな男の手にかかってしまった心愛さんのことを想うと、今更ながらに胸が張り裂けるような悲しみを感じ、やりきれなさでいっぱいになる。

いたいけで幼かった命はもう二度と戻ってはこない。





address